• 先端技術で、競馬場の「未来」をつくる

    競馬の醍醐味は現場の熱気だが、実は近年、インターネットで馬券購入を済ませるファンも増えているという。「もっと多くの人に競馬場に足を運んでほしい」――そんなJRAの要望を受け富士通が提案したのが、現金を使わず手のひらをかざすことで、安全かつ簡単にデジタル馬券を購入できるキャッシュレス発売機だ。先端技術を駆使して、いかに競馬場を再び盛り上げるか。かつてないスマートな競馬場をつくる挑戦が始まる。

  • ビジネスの創出~牽引ができる人材へ。

    統合デジタルマーケティングの分析基盤を扱っています。 これは、"新規顧客獲得"や"既存顧客活性化"など、デジタルマーケティングにおける重要課題を、データ分析による現状把握と、分析結果に基づく施策によって解決に導くサービスです。

  • 「思い」からビジネスを創出していく!

    2019年4月に新設された「未来共創センター」という部署で、社会課題を解決する新規ビジネスを創出する仕事をしています。ここは従来の富士通のやり方にとらわれない方法・プロセスで、新規ビジネスの創出を目標に掲げる組織です。

  • スポーツ

    富士通は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナー。データセンターにおいて競技運営に必要なアプリケーション、データを扱うためのサーバ、ストレージやサービスを提供し、安全で確実な大会運営の実現を目指すなど、ICT分野の活用により、さらにスポーツ産業の発展に寄与していきます。