WHAT’S FUJITSU

富士通の魅力

多様性の受容

ダイバーシティ&
インクルージョン

富士通グループでは約13万人の人材が世界中で活躍しています。このように国籍、性別、年齢の違いや障がいの有無などに関わらず多援な人材を受け入れ個性を尊重し合うことで、社国一人ひとりと組織がともに成長したいと考えています。

富士通グループの方針(記事全文)はこちら

障がい者の雇用促進と活躍支援

富士通では、障がい者の職域を限定することなく採用活動を行っており、セールス&マーケティング、ソリューション&サービスエンジニア、開発、研究、コーポレートなど、様々な職種で障がいのある方が活躍しています。

採用にあたっては、障がい学生向けのパンフレットを用意し、障がいのある社員のインタビューや、障がい者雇用の考え方、入社後の職域の広さを掲載することで、障がいの有無に関わらずいきいきと働ける環境を伝え、不安を解消しています。また、入社後も長く働けるよう、人材育成から定着まで長期的なフォローを行っています。この一例として、新入社員導入時の教育や、本人の能力が最大限発揮できるよう職場と連携した面談を実施しています。
そのほか、障がいのある社員のネットワークの構築や障がいの有無にかかわらず成果を上げる職場づくりに向けたフォーラムを開催しています。また、障がいのある社員を受け入れる際の職場向けのマニュアル「ワークスタイルガイドライン」では、障がいのある社員とともに働くにあたって双方が考慮すべき点について障がいの状況ごとに記載し、社内サイト上で公開しています。

障がい者採用はこちら