WHAT’S FUJITSU

富士通の魅力

多様性の受容

ダイバーシティ&
インクルージョン

富士通グループでは約13万人の人材が世界中で活躍しています。このように国籍、性別、年齢の違いや障がいの有無などに関わらず多援な人材を受け入れ個性を尊重し合うことで、社国一人ひとりと組織がともに成長したいと考えています。

富士通グループの方針(記事全文)はこちら

富士通グループにおける
ダイバーシティ&
インクルージョンの方針

富士通グループでは、FUJITSU Wayの企業指針「多様性を尊重し成長を支援します」に基づき、「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」の取り組みを進めてきました。今やダイバーシティは、「性別」「障がい」「国籍」などの属性だけでなく、働き方、コミュニケーション、多文化共生など、様々な場面や切り口で語られています。
こうした広がりを反映させ、個々の多様性を活かす「インクルージョン」に向けた取り組みを、より力強く推進するための指針として、「Global D&I Vision & Inclusion Wheel」を策定しました。
これは、D&Iに関する富士通グループの総合的な取り組みを表現するとともに、当社にとってD&Iが何を意味するかを表しています。Global D&I Visionでは、「誰もが自分らしくあるために」を目指す姿として掲げ、それを実現するためのビジョン・戦略目標・重点領域を定めています。また、Inclusion Wheelでは、重点領域を中心として、多様な属性・領域を対象として推進を図ることを明記しています。

Global D&I Vision & Inclusion Wheel

多様性を認め活かす組織
誰もが自分らしくあるために
  • ダイバーシティ経営企業100選に選定(2013年度)

    経済産業省から、ダイバーシティを推進し、多様な人材を活かし、イノベーションを生み、価値創造につなげる経営をしている企業として選定されました。

  • プラチナくるみん認定(2015年度)

    厚生労働大臣から子育てサポート企業として、「特例認定」を受けました。

  • PRIDE指標ゴールド表彰(2016年度・2017年度)

    任意団体work with Prideより、日本初のLGBTに関する企業等の取組みの評価指標である「PRIDE指標」に関し、すべての指標を満たす企業としてゴールド表彰を受けました。