02

5G

key word

  • #5G
  • #DX
  • #ICT
  • #エッジコンピューティング

通信技術の進化が社会を変えていく。

通信技術の進化は、常に私たちの文明に革新をもたらし続けてきました。2020年に「5G」の商用サービス提供が控える中、そのポテンシャルを活かした、富士通だからこそ生み出せる価値の創出・提供を目指しています。

5Gとは?

あらゆるモノ・人をネットでつなげる。

5Gで実現される超高速・超低遅延・多数同時接続は、スマートフォンのみならず、あらゆる人・機器がネットにつながる社会を実現します。人々の生活や社会の営みが大きく変貌するこれらのサービスの提供には、情報技術(IT)と通信技術(CT)の高度な総合力が欠かせません。富士通は、5Gをフル活用した価値あるサービスの創出を支援しています。

テクノロジーの活用シーンは?

多領域のイノベーションに貢献していく。

  • モノづくり 生産現場の高度化

    工場を最適稼働させるためには、様々な装置やセンサーからデータを収集し、解析結果を装置や設備、人の動きに反映させることが必要です。人やモノの動き、エネルギー量、稼働時間など、必要なデータは精緻かつ膨大なものとなります。従来は通信技術にボトルネックがあり、人間の勘による制御や、簡素化したもとでのシミュレーションに頼っていました。5G技術を生産現場に適用することにより、解析結果を瞬時にフィードバックすることが可能となり、迅速な装置制御による生産量の最適化や省エネの達成が期待されています。

  • ヘルスケア 医療現場を支える

    高齢化が急速に進行する日本では、医師の不足や偏在が慢性的な課題とされています。解決策のひとつとして注目されているのが遠隔医療です。その実現にあたり、5Gが大きな役割を果たします。従来、医師が的確な診察や処置をするためには、患者に直接向き合う必要がありました。しかし、5Gの特長を活かすことで、高精細な映像と疑似的な感触をリアルタイムで“感じる”ことも可能となり、あたかも患者が目の前にいるかのような遠隔医療を実現することができます。

  • 自動車 自動運転の支援

    現在、自動車業界は100年に一度の変革期と言われています。自動運転が現実のものとなりつつあり、それにともない法整備やビジネス構造の変化も重要な議題となります。こうした動きは、5Gのフル活用を前提に進められています。自動運転において送受信されるデータの量は極めて多く、少しの遅延でも人命に直結する事態となります。そのため「超高速・大容量通信」、「多数同時接続」、「超低遅延」という特長をもつ5Gは、自動運転の領域には欠かせない技術です。

富士通ならではの強み・優位性は?

ノウハウとテクノロジーの両面を強みに世界に展開。

富士通は日本だけではなく、グローバルな環境で様々な業種のお客様をICTの力で支援してきました。高品質なシステムの設計・構築、そして運用までを一貫して提供することができるノウハウを持つことが大きな強みのひとつです。また、テクノロジーの面においても、世界に先駆けて4G(LTE)無線基地局の実験を成功させ、5Gでは世界最小のアンテナを実現するなど高い研究開発力をもっています。そして、AI応用ソリューション、スーパーコンピュータなどの製品とネットワーク技術を統合できる点も強みとなっています。現在はお客様のニーズの多様化が進み、高度なネットワークエンジニアリングが要求される時代。富士通は長年培ってきたノウハウとテクノロジーを活かして、安心安全なネットワーク設計や快適なネットワーク構築といったソリューションを提供しています。

将来的な技術活用・進化の展望は?

5Gによる産業の進化で、人々の暮らしを変えていく。

創業以来、富士通では多くのエンジニアがITとCTの技術を用いてお客様・社会の様々な課題を解決してきました。2020年、AI/IoT/Cloud/プラットフォーム/ネットワークという富士通の誇る技術が結集・共鳴し、デジタル技術の「ICT Big Bang」による5G時代が始まろうとしています。5Gは多様な産業に進化をもたらし、働き方や学び方、旅行やショッピング、スポーツやエンターテインメント体験など、人々の生活のあらゆるシーンで、一人ひとりの暮らしを大きく変える力を持っています。例えば、自宅で商品を買う際にXRのような臨場感のあるプロモーション映像を見て、すぐにドローンで配達。あるいは、手元の3Dプリンタでほしいものをすぐに作り上げる。こんな新しい購入体験も現実になるでしょう。技術の進化によって、そんな未来はすぐそこにまできています。

MORE INFORMATION

テクノロジーの関連記事を見る