022

誰もが自分のビジョンを語れる会社にしたい

D.Takashima

グローバルマーケティング本部 マーケティングコミュニケーション統括部

2005年入社

D.Takashima

2005年入社

グローバルマーケティング本部 マーケティングコミュニケーション統括部

key word

  • #キャリア入社
  • #コンサルティング
  • #セールス&マーケティング
  • #デザイン思考
  • #デジタルトランスフォーメーション
  • #マーケティング
  • #共創
  • #副業
  • #文系

仕事内容

ワークショップというリアルな場を通じて、お客様と信頼関係を築く。

マーケティング部門として、お客様のリード開拓と、信頼関係を築く役割を担っています。具体的なミッションは二つ。一つ目は、海外・国内のお客様と、ワークショップなどのリアルな場で対話し、デジタルトランスフォーメーションに向けた「目的」の発見や戦略作り、具体的なアクション検討などを行うこと。何から取り組んでいいかわからないお客様の「モヤモヤ」を、共創パートナーとして進み方を共に考え、富士通のソリューションにつなげています。二つ目は、世界中で共創活動をけん引するファシリテーター(Design Leadと呼んでいます)の育成と、Design Leadが使うワークショッププログラムやツールの開発です。お客様とのワークショップは大変なこともたくさんありますし、ときには壁にぶつかる事もあります。しかし大変な分、お客様が気づきや答えを見つけたと実感したときの喜びは何にも変えがたく、やりがいのある仕事です。

求められるスキル

VUCA時代に求められるのは「答えのない答えを導き出せるスキル」です。

「答えのない答えを導き出せるスキル」。もしかしたら、マインドといった方が合っているかもしれません。これまでは、既存の延長線を描くことで成長できたかもしれませんが、VUCA(Volatility、Uncertainty、Complexity、Ambiguity)時代は先が見えず、何をしたらいいか、正解がありません。この『分からないこと』を考える力が、今の会社員には求められていると思っています。お客様の状況や困りごとも様々ななかで、どう未来を創っていくのか。それをお客様と共に考え、答えを導き出して進んでいくスキルが必要なのです。

10年後の富士通をこうしたい

誰もが自分の未来を語り行動できる会社を目指して「富士通100人カイギ」をスタート。

誰もが自分のビジョンを語れる会社にしたいと思って、ある活動を始めました。理想の姿は、みんなが会社のビジョン、組織のビジョン、そして自分のビジョンを描き、そのビジョン・未来を実現できる(実現に向けて自発的に動ける)社員にあふれる会社であること。その一歩として、有志のメンバーと共に、社内で働く人を知る「富士通100人カイギ」を今年から始めました。まずはいろいろなキャリア(生き方)を知ることで、自身のビジョンに向けて働くことの視野を広げていきたい。富士通には思いのある仲間がたくさんいるので、こういう新たな取り組みを始めやすいんですよ。

my style

仕事以外でのスキル獲得

お客様と接する中でやりたいことを見つけ、3年前に副業として起業しました。

人事部門と相談をして副業の道を探り、3年前に起業をしました。始めたきかっけは、デザインコンサルとして何百名ものお客様と接するうちに、自分でやりたいことが見つかったことです。富士通のビジネス領域ではなかったため、会社の仕事として行うことが難しく、それなら自分で実現したいと起業に踏み切りました。この1年、社内外の経営戦略などに携さわることが多くなっていますが、「経営者」として得た経験は、社内の仕事にも大いに活かせています。