019

自身の企画を商品化したい

M.Ohgoda

デジタルソリューションサービス事業本部 デジタルマーケティング事業部

2016年入社

M.Ohgoda

2016年入社

デジタルソリューションサービス事業本部 デジタルマーケティング事業部

key word

  • #AI
  • #コンサルティング
  • #ソリューション&サービスエンジニア
  • #デジタルビジネスプロデュース
  • #マーケティング
  • #新卒入社
  • #新規ビジネス
  • #理系
  • #自己研鑽

仕事内容

「世の中の課題は何なのか、富士通内にある技術をどう使えば解決できるか」をいつも考えています。

デジタルマーケティング領域での新規ビジネス企画、並びにコンサルタント業務を担当しています。新規ビジネス企画は、富士通内にある技術を使って、いかに世の中の課題を解決できるかを考え、形にしていく業務です。昨年度は、私自身がPM(プロジェクトマネージャー)となりAIレコメンドサービスを企画しました。企画書を書く段階から、ニーズ調査、研究者や開発者との開発、お客様へのご提案、実サイト実証までを経験しました。

コンサルタント業務は、実際にお客様にお会いし、課題に対する解決策をご提案します。お客様の話の中から、「本当に困っていることは何か?」を聞き出し、それを解決するためにはどう進めればよいか、どんな技術を使えばよいのかをご提案することが仕事です。

2つの業務により、シーズ視点とニーズ視点の両方を経験できるため、非常に面白い仕事だと感じています。また、デジタルマーケティングの領域は業種に縛られないため、様々なお客様と関われるので毎日刺激的です。

求められるスキル

HowではなくWhatを考えるスキルを身につけたい。

情報系卒なので、かつてはコードをバリバリ書けるスペシャリストになり、「課題を“どうやって(how)”解決するか」を考える人になりたいと考えていました。ただ就職して周りを見渡してみると、素晴らしい技術者はすでにたくさんいらっしゃいました。だからこそ、その技術をもっと活かすために、「お客様は本当は“何を(What)”求めているのか」「お困りごとの本質は“何か”」を考えられる人が必要だと考えています。この部分がずれるとせっかくシステムが完成しても、結局何のためにやっていたんだっけ?となってしまうからです。

そして、見つけ出した本質の部分を、新規ビジネスとして立ち上げ・推進するためには、もっと別の力も不可欠です。それは、「私は絶対にこれを成し遂げたい!」という強い思いと、それを発信し続ける力だと考えます。

今後のキャリアにおける目標

「最初の企画書を書いたのは私」。そう言える商品を世の中に送り出したい。

直近の目標は、自分が思いついた企画を商品化して、世に送り出すことです。誰かのお手伝いではなく、自分で「これだ!」と思ったものを世の中に送り出したい。自分だけが良いなと思っていても、商品化までこぎつけることはできません。たくさんの人に、「これが欲しかった!」と言っていただけるような商品を創りたいです。

その後は、その商品が色々な人の手によって成長していく姿を見ながら、「実はあの商品の最初の企画書は、私が書いたんですよ!」って言ってみたいんです。そういった企画をいくつも生み出せるようになりたいですね。

my style

仕事以外でのスキル獲得

福利厚生ポイントを活用して購入した専門書で、休日は趣味を兼ねて技術を磨きます。

技術はスペシャリストに任せるといっても、やはり触れてみないと分からないこともあります。スペシャリストではなくとも、いつまでも技術者ではありたいと思っているので、休日は自分でクラウド上にサーバを立ててみたり、自身のwebサイトを立ち上げてデジタルマーケティングツールを導入して遊んでみたりしています。

趣味と仕事が繋がっているとモチベーションが上がるタイプなので、これからもうまく両立していきたいと思っています。専門書を購入する時は、福利厚生ポイントが活用できるので、本当に助かっています!