025

DX実現のための全体最適を推進

Y.Nakamura

次世代営業本部 セキュリティ&インフラビジネス統括部

2011年入社

Y.Nakamura

2011年入社

次世代営業本部 セキュリティ&インフラビジネス統括部

key word

  • #AI
  • #IoT
  • #ITアーキテクチャ
  • #クラウド
  • #コンサルティング
  • #ソリューション&サービスエンジニア
  • #テクニカルセールス
  • #デジタルトランスフォーメーション
  • #新卒入社
  • #流通
  • #理系
  • #自己研鑽
  • #製造

仕事内容

お客様のDX実現に向けた、ICTインフラの全体最適の提案を担っています。

製造業や流通業などのお客様を中心に、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)実現のための「ICTインフラの全体最適」を推進することが、私のミッションです。DXの検討には、クラウドなどの要素技術が不可欠ですが、クラウド以外にもセキュリティやネットワーク、インフラ運用など、様々なテーマの検討が重要になります。そのテーマ全てを考慮した「ICTインフラの全体最適」を、富士通の営業やSE、製品事業部の方々と一緒に検討し、お客様に提案しています。

そのために心がけていることは、普段から常にアンテナを張り巡らし、情報を収集すること。お客様もさまざまで、ICT技術も日進月歩です。これからも日頃から情報を蓄積し、いつでも業務で活用できるようにしていきたいですね。

求められるスキル

大局的・俯瞰的な視点を意識し、「見極める力」を鍛えています。

「見極める力」が必要だと思っています。お客様の些細な言動からニーズを見抜く、数多あるICT技術から今後のビジネスの核となるものを推測するなど、人や物事の本質から技術トレンド、将来の見通しまで、様々なものを見極める力が求められます。そのために、相手の気持ちを理解しようとすること、物事を大局的・俯瞰的な視点で捉えることを常に意識し、見極める力の向上を図っています。

また、情報収集は大事ですが、それ以上に、流れ込んでくる膨大な量の情報に飲み込まれないことも必要です。効率的に業務を進めるには、必要なものを見極め、取捨選択することはとても重要だと感じます。

今後のキャリアにおける目標

幅広くICT技術の理解を深め、社内外に貢献できる人材になりたい。

ICTの分野では、新しい技術が次々に登場し、変化に柔軟に対応することが求められます。そして、日本国内だけでなく、グローバルにビジネスが展開される時代において、DXの実現がより高度化・複雑化・多様化していきます。

その中で私は、より幅広くICT技術の理解を深め、世の中の動向や技術・製品・サービスを、多くの人にわかりやすく伝えることで貢献していきたいと思っています。そのために、これからも相手の視点に立って考えることや、探究心を持ち続けることを心がけていきたいです。

my style

仕事以外でのスキル獲得

ICT関連はもちろんのこと、異なった分野の資格取得にも積極的に取り組んでいます。

仕事以外のスキル習得では、資格取得を目指して勉強しています。資格コレクターの一面もあり、ICT関連の資格はもちろんですが、現在の仕事とは直接は関係のない、色彩検定やファイナンシャルプランニングといった資格の勉強もしました。

目標を設定することで、モチベーションも上がりますし、試験日が確定しているため、勉強するスケジュールも計画しやすくなります。また、受験料を自腹で払うことで、「せっかく払ったんだから絶対受かってやる!」という気持ちにもなります。こうして身に付けた知識が、お客様との何気ない雑談などで活かせたときは、嬉しい気持ちになりますよ。