012

視野を広げ、あらゆる方向にアンテナを張る

T.Konishi

データセンタープラットフォーム事業本部 テクノロジー開発統括部

2012年入社

T.Konishi

2012年入社

データセンタープラットフォーム事業本部 テクノロジー開発統括部

key word

  • #インフラ
  • #クラウド
  • #グローバル
  • #サーバ
  • #ワークライフバランス
  • #新卒入社

仕事内容

あらゆるパターンを想定しつつ、より使い勝手の良い自動化システムでお客様を驚かせたい。

富士通が販売する商品に、PRIMEFLEXというクラウド基盤のITインフラシステムがあります。私はお客様に納品されたPRIMEFLEXの運用作業を、簡単・シンプルにする自動化ソフトを開発しています。これにより、複雑なITインフラシステムによって増加した運用コスト・運用負荷・人的リソース不足などの課題を解決できるのです。

この業務のミッションは、いかに運用作業を簡単にできるかということにあります。お客様によってシステムの構成も設定も様々ですから、数多くのパターン構成を想定して設計を行う必要があります。しかし、仕様が複雑になれば、使い勝手も複雑になってしまう。せっかく自動化しても、使いこなせなければ意味がありません。この点が難しいところであり、やりがいでもあります。

「あれだけ大変だった作業が、これほど簡単になるなんて思いもしなかった」と言っていただけると、次はもっと驚かしてみせようと思います。

求められるスキル

マインドマップを活用し、関係性を目で把握することで、素早い対応を可能にしています。

「調整力」が、非常に重要なスキルです。私の担当する製品は多くのハードウェアやソフトウェアを組み合わせてつくられており、それぞれのスケジュールを把握して、互いに非互換がつくりこまれていないことを監視する必要があります。

もし問題があれば原因究明を行うのは当然ですが、ひとつの問題がスケジュール全体に影響するため、各素材の関連部門との素早い情報共有や調整が必要です。時には社内だけではなく、Microsoft社やVMware社など、海外ベンダーとも直接やりとりを行います。

これは正にスピード勝負で、情報共有の不足によって対応がままならなくなることもあります。視野を広げ、アンテナを高くして、すべての関係性を把握する必要があるため、頭の中だけで考えるとパンクしそうになることも。

私はマインドマップなどで、関係性を「見える化」して整理しておくことで、とっさの時に素早い判断ができるようにしています。

目標とする先輩

スピード・クオリティ・知識量・コミュニケーション。すべて完璧な先輩に憧れて。

身近なところに、目標としている先輩がいます。仕事のスピードやクオリティはもちろんのこと、コミュニケーション能力も高く、知識も豊富で、なにを聞いても答えを持っている完璧超人です。後輩の教育も、時に厳しく、時に優しく、私のモチベーションが下がらないようにうまく転がされていますね。

一番記憶に残っているのは、お客様先で起きた問題を、あっという間に解決してしまったことです。その時は、お客様のスケジュール上、緊急のプログラム修正が必要な状況にも関わらず、原因も修正方法も見えていませんでした。

私があたふたして先輩に泣きついたところ、問題を紐解きながら、原因究明から修正案まで、協力会社も含めて一緒に導き出してくれました。さらには関連部門との調整も、その日のうちにやってしまったのです。結果的に、お客様の業務に影響がない範囲で問題は解決。圧巻のスピードで、頼もしいの一言でした。私も先輩のように完璧超人になりたいと思い、日々励んでいます。

my style

仕事以外でのスキル獲得

どれだけ忙しくても、有給休暇は必ず使い切ってリフレッシュすると決めています。

ありきたりですが「しっかり休むこと、リフレッシュすること」を大事にしています。入社当初から実践しているのは、どれだけ仕事が忙しくても、有給休暇は毎年使い切ること。定期的に十分な休息を取ることができるので、モチベーションや集中力を損なわずに、仕事に取り組めています。

また、富士通では働き方改革の取り組みで、テレワークという在宅勤務制度が導入され、こちらも活用しています。毎日同じ場所・同じ景色で仕事するのではなく、たまには別の空間で仕事をするのは、新鮮で気分転換もできるので非常によい制度だと感じます。最近では固定座席のないフリーアドレス化を進めるなど、新しい体制が広がってきているので楽しみですね。