006

どんな時も相手の立場に立つことを忘れない。

丁 彦君

流通ビジネス本部 小売第一統括営業部

2017年入社

丁 彦君

2017年入社

流通ビジネス本部 小売第一統括営業部

key word

  • #グローバル
  • #ワークライフバランス
  • #文系
  • #新卒入社
  • #流通

仕事内容

日本企業の海外進出、グローバル企業の日本進出、どちらもサポートしビジネスを展開。

日本企業の海外進出において、当社の海外グループ会社と連携したビジネスを行ったり、逆に日本に進出するグローバル企業をサポートしてビジネスを行うことが主な業務です。

お客様にご提案する際に大事なのは、自分の想いや考えをしっかり持っていること。お客様の一番の理解者は自分なのだという自覚を持ち、どのような価値を提供できるかに真摯に向き合っています。私自身のミッションは「お客様が求めていることが何か?」を考えること。そして「富士通として、どうすればその要望に応えられるか?」を考え続けることだと思っています。

そして、ご要望に応えるために富士通が持っているリソースを活用。ソリューションや先進技術、SE、パートナー企業など、様々な力を巻き込んで最大限の価値を提供しています。

求められるスキル

常に「目の前の相手」目線のコミュニケーションスタイルで、仕事を円滑に進めています。

最も求められる力は、コミュニケーション能力だと思っています。社内・社外に関わらず、常に【相手】とコミュニケーションすることで、信頼関係を構築することが重要です。

例えば、お客様のご要望に応えるための社内連携。その際に最優先されるべきは、お客様の要望です。しかし、社内の各部署にもそれぞれ異なるミッションやスタンスがあり、双方の利益が一致しないこともあります。「お客様の要望だから」と言って、少々の無理なら押し切ることもできるかもしれませんが、協力して気持ちよく仕事をするためには、各部署の【相手】の立場に立って考えてみることが大切です。ちょっとした工夫ですが、大きなポイントではないかと思い、いつも忘れないように心がけています。

今後のキャリアにおける目標

海外ビジネスならではの経験を積み、海外で活躍できる営業になりたい。

グローバルに活躍できるような営業になりたいですね。これは就職活動をしている時からの目標の「軸」のひとつです。お客様の海外進出において、富士通の海外グループ会社と連携ビジネスを行うという現在の仕事は、まさに目標の軸に沿っている仕事だと感じています。

今は日本での日々の業務の中で、海外ビジネスならではの経験をしています。今後はさらに経験を積み、同時に語学力も高めていきたい。そして海外研修にも参加し、ゆくゆくは海外駐在をしたいと思います。そこからが目標の本番。グローバル営業として、それまでの経験を存分に活かして活躍したいですね。

my style

仕事以外でのスキル獲得

福利厚生のひとつを利用して、ジムで気軽に汗を流しています。

富士通の社員が利用できる様々な福利厚生の仕組みを利用しています。中でも、自宅の近くにあるジムに法人会員として通うことができるというもので、気に入っているのはジムに行くたびに利用料を支払うというスタイル。仕事が忙しくて通えない時に月額料金がかかることがなく、利用料もポイントで支払えます。気軽に健康管理ができるのがうれしいですね。