減災の検索結果6

  • テクニカルコンピューティング・ソリューション事業本部

    ジョブガイド

    テクニカルコンピューティング・ソリューション事業本部は、科学者の方々の研究現場に参画し、ICTベンダーの立場から多角的に研究をサポートしています。さらにそこで得た技術とノウハウを産業界に積極的にフィードバックしています。

  • プロセッサシステム事業本部

    ジョブガイド

    大量データを高速に処理できるコンピュータ需要が高まる中、当本部は、理化学研究所様と共同開発した「富岳」にも採用した高速のARMプロセッサ:A64FXを搭載した最先端コンピュータを核とする新規事業を担う本部です。

  • 第四システム事業本部

    ジョブガイド

    当事業本部は、ICTで安全安心な社会へ貢献する職場です。国や自治体をはじめ、警察や消防といった行政機関、鉄道や道路など社会活動を支えるインフラ基盤、様々な人々が利用する施設など、日々の暮らしのなかで安全安心な社会作りをサポートしています。

  • 意味のある 仕事を120%任せて もらっている

    障がい者採用

    洪水や台風などの災害において、河川氾濫や土砂災害等を監視し関係機関へ通知するシステムや、避難勧告などの防災業務を支援するシステムを手掛けています。また最近では官公庁と連携し、AIやビッグデータ、宇宙衛星技術などの最先端技術を駆使した新たな国土防災システムの研究開発を行っています。

  • 災害時に一つでも多くの命を救いたい

    PROJECT

    2011年3月11日、日本に大きな爪痕を残した東日本大震災。想定をはるかに超えた未曽有の災害が、未来の防災・減災に残した教訓は多い。震災後も世の中のツール、デバイス、テクノロジーそれぞれが進化を遂げ続ける中、ドローンを活用した津波避難広報の実証実験に富士通を含めた複数の日本を代表する企業が挑んだ。

  • 都市インフラ

    BUSINESS

    大規模な自然災害の頻発、道路の逆走や交通事故の増加などを受け、人々の安全な暮らしを守るために国や防災関係機関などは、安全・安心への備えとして、都市インフラの整備・強化に取り組みが進められる中、富士通はICTを活用してお客様と共に安全・安心な暮らしを支えるシステムを実現しています。