コンソリデーション推進室

職種 ソリューション&サービスエンジニア,データサイエンティスト
事業フィールド エネルギー・電気・ガス,中央官庁,公共,社会インフラ,通信・メディア,金融,防災,防衛省・自衛隊
テクノロジー アジャイル AI クラウド データドリブン
キーワード #社会課題 #クラウド #データドリブン

ABOUT

クラウドビジネス、デリバリ変革を推進する専門組織

コンソリデーション推進室は日本の社会課題の解決に向けて、継続的にお客様、社会へデジタル技術の最適解を提供するために、組織横断で施策を検討し、実行する組織です。そのために、人材育成に力を入れており、デジタル技術であるクラウド技術、データドリブン技術だけでなく、お客様とのモノづくりの共創に求められるデザイン思考、アジャイル、SEプロセス変革など、高いITリテラシーの醸成活動を行っております。
Diversity & Inclusion、誰もが自分らしく活躍できる職場をモットーとし、育児休暇、ボランティア休暇、アニバーサリー休暇の積極的な取得を推奨しています。若手社員も多く、和気あいあいとした職場です。私たちと一緒に大きな仕事にチャレンジしてみませんか?

VISION

日本の社会課題をデジタル技術によって解決するために、継続的にJapanリージョンのお客様、社会へ最適解が提供できるようにする

JOB

  • クラウドビジネス推進

    クラウド、データ・AI、アジャイル、オファリングビジネス拡大に向けた戦略を策定し、ビジネスプロデューサー、SEの活動支援を実施します。業務はプロジェクト参加、標準化・技術情報の展開、リスキリングなど、多岐にわたります。

  • デリバリ変革推進

    富士通全体で取り組んでいるSEプロセスの変革について、部門横断で推進します。インド/フィリピン/中国など世界8ヵ国の富士通グループの集結で富士通の新たなSEプロセスモデルの展開を図ります。また、プロジェクトの定量データをリアルタイムに可視化し、プロジェクトマネジメントの質を向上させる施策の展開も図っております。

NEW TECHNOLOGY

クラウド技術

クラウドとは、インターネットを通じてコンピュータ資源を利用できるサービスの総称です。

従来のお客様がそれぞれコンピュータを所有する形態と異なり、クラウドでは「使いたいときに使いたい分だけすばやくコンピュータ資源を使える」「最新の技術を使用できる」などのメリットがあります。

我々はクラウドにおいて重要な社会システムが安定的に稼働できるよう最新技術を研究・開発し、
お客様および社会の発展に貢献しています。

VOICE

  • 名前:
    Y.I
    職種:
    ソリューション&サービスエンジニア
    入社年:
    2001年入社

    リスキリング必須の時代!学びで会社は変わる!

    新しいことに取り組んでいく、会社を内側から変革する楽しさがあります。入社時は「ソリューション&サービスエンジニア」はどのような業務なのか、自分のやりたいことが出来るのか、少し不安がございました。しかしながら、コンソリデーション推進室は、新技術を一早く検討し、会社をより良くする取組みが自分の想いと一致し、仕事にやりがいを感じています。現在、私はクラウドなどの新しいDX技術を学び、社内にリスキリングを展開しております。
    自らスキルを身に付け、当社を根幹的に支え、成長させていく、とてもやりがいのある仕事だと思っています。多くの先輩に手厚く支えて頂きながら、今後も富士通を自ら変革していく人材になることを目標にし、更なるスキルアップを目指したいです。