広報IR室

職種 コーポレート
事業フィールド 監査役,通信,エネルギー・電気・ガス,モビリティ,スポーツ,中央官庁,全業種,公共,医療・ヘルスケア,天文・宇宙・気象,富士通グループ内,文教,流通・小売,産業,社会インフラ,空港,自治体,通信・メディア,金融,鉄道,防災,防衛省・自衛隊,食・農業
キーワード #PR #IR #グローバル #クライシスコミュニケーション #インターナルコミュニケーション #社内報 #経営方針 #事業戦略 #DX #社会課題解決 #人材

ABOUT

富士通のコミュニケーションブレーンとして、自社と社会の架け橋となる

広報IR室員は、メディアやお客様、投資家、社員など様々なステークホルダーに対して、自社やブランドの認知度を高め、グローバルに展開するサービス・ソリューションや、私たち自身の働き方改革、DX変革など様々な取り組みを伝える、メディア・コミュニケーション戦略のプロフェッショナルでありたいと考えています。

さらに、社内報をはじめとする社内のコミュニケーション活性化施策を通じて、グローバルな視点で関係部門との連携を深め、社員エンゲージメント向上に貢献する「インターナルコミュニケーションのハブ」としての役割も担っています。

VISION

広報活動を通じてビジネスに貢献、企業価値の向上を図る

「社内外のステークホルダーに対し継続的、積極的、正確かつタイムリーに情報発信することで富士通グループのレピュテーションを確立し、ビジネス貢献を通じて企業価値の向上を図る」というビジョンのもと、Public Relations(PR)、Investor Relations(IR)、インターナルコミュニケーションの活動を通じ、広く情報発信を行っています。

また、情報を発信するだけでなく、社会の声を広く聞き、富士通グループが世間からどう理解されているかを認識し、自社と社会のサステナビリティを両立させる活動を推進します。

JOB

  • Public Relations(PR)

    コミュニケーション戦略を立案し、経営方針・事業戦略、先端技術、ソリューション・サービス、SDGsなど企業としての活動情報を、メディアを通じグローバルに発信します。
    発信の手法は、記者会見やプレスリリース、SNSなどからの配信、取材対応など様々ですが、データドリブンな取り組みなど、新たな手法も常に模索しています。

  • Investor Relations(IR)

    株主・投資家、証券アナリストに対し、投資判断に必要な企業情報を、適時に、公平に、継続して提供します。経営方針や決算の説明会、国内および欧米、アジアの株主・機関投資家への個別説明などを通じ、当社の企業価値や成長戦略などを伝え、投資対象として関心をもってもらう活動を行います。

  • インターナルコミュニケーション(社内報業務など)

    経営目標を達成するために社員と会社間の良好な双方向リレーションを構築・維持・向上させていくための社内広報活動を行います。デジタル媒体の社内報をはじめとする施策により、企業活動の担い手である社員に対し、企業理念・経営方針など組織共通の価値観の理解・信頼を深め、自部門以外の活動に対する相互理解を促進します。

VOICE

  • 名前:
    A.Sakai
    職種:
    コーポレート PR担当
    入社年:
    2015年 入社

    PRはメディアとのコミュニケーションを一手に担う、現場部門とメディアの架け橋

    私のミッションは、タイムリーかつ正確な情報発信を通じてメディアでの露出を増やし、お客様をはじめとする様々なステークホルダーに富士通の情報を届けることで、事業に貢献することです。現代の情報社会の中、如何にして富士通の情報を効果的に届けるかを常に検討し、プレスリリースや取材対応、記者会見などを通じてメディアへ情報提供しています。事業の重要案件に携わることが多いほか、メディアとのコミュニケーションを一手に担いますので、非常にやりがいを感じています。現場部門とメディアの架け橋となり、双方にとってwin-winの結果をもたらすことができるよう、常に意識しながら取り組んでいます。

    私が所属する広報IR室は、非常に風通しの良いフラットな組織だと感じています。新しいことへのチャレンジは歓迎されていますし、テレワークでもコミュニケーションは活発です。
    また、私には2歳と0歳の娘がいますが、妻の出産後には家族のサポートのため1か月ほどの育児休暇を取得しました。復帰後もテレワークを中心とした柔軟な働き方ができており、仕事だけでなく育児にも積極的に参加可能な非常に働きやすい環境だと実感しています。

  • 名前:
    S.Sakashita
    職種:
    コーポレート IR担当
    入社年:
    2021年 入社

    富士通の魅力を投資家様にお届けし、“ファン”になっていただく

    私の仕事はIRと言い、当社の事業、将来の成長性といった企業価値が投資家の皆様に適正に評価されるように情報発信すること、並びに資本市場からの声を社内にフィードバックさせ、経営・事業推進をサポートすることです。格好良く言うとすれば、当社の魅力を投資家様にお届けするスポークスパーソンといったところでしょうか。

    投資家様との面談を通じて、資本市場が当社に期待していることを汲み取り、社内に還元することも勿論ですが、IR業務の醍醐味は富士通全社員13万人が築き上げた功績や取り組みを投資家様にご理解いただき、株価という指標で応援していただくことです。株主としてパーパスの実現を一緒に目指す、富士通の“ファン”になっていただけるようIR担当者一同は努めています。

    投資家様とのコミュニケーションは財務情報を基礎とする一方、昨今は特にコーポレート・ガバナンスやSDGsといった、時代の潮流に沿った取り組みに関心を寄せる投資家様が増えてきています。IRも新たな知見や多角的・多面的な視野が求められており、皆様の斬新な発想や視点がIR業務を進化させ、当社をさらに飛躍させる一助になります。

  • 名前:
    C.Matsumoto
    職種:
    コーポレート 社内報担当
    入社年:
    2011年 入社

    新しいことに挑戦できるチャンスがあり、自分らしい働き方を実現できる職場

    インターナルコミュニケーションチームでは、社内報サイトの企画・構築、サイトに掲載する記事の制作などを行っています。他部署の方々と連携しながら、経営・事業方針などの経営層のメッセージから現場の先端的な活動紹介まで、富士通グループの『今』が分かる、幅広い情報発信ができるように取り組んでいます。
    社内報に対して社員から温かいコメントをいただいたり、記事が新たなコミュニケーションを生み出すきっかけとなったり、自分の作ったものが役に立っていると実感する瞬間があります。これが私の仕事に向き合う原動力になっています。

    私がこの仕事を担当するようになったのは、育児休暇から復帰してからです。それまではPRの仕事を担当しており、その経験を活かしながらも現在新たな分野へチャレンジできていることに喜びを感じています。また働き方においては、夫の転勤に帯同し、現在は広島から遠隔勤務をしており、加えて、育児短時間勤務で仕事をしています。様々な制度やチームメンバーに支えられて、ワークライフバランスのとれた自分らしい働き方が実現できています。
    広報IR室は、新しいことに挑戦できるチャンスがあり、自分らしい働き方を実現できる職場だと思います。