ポートフォリオ戦略本部

職種 コーポレート,データサイエンティスト
事業フィールド 全業種,富士通グループ内
キーワード #全社・経営戦略 #商品ポートフォリオ #マーケットインサイト #データ分析

ABOUT

市場・顧客の声を集約・分析し、経営陣や事業部門に対して戦略立案に資する提言を実行

富士通は、全ての企業活動をパーパス実現のための活動とするパーパスドリブンと、データを活用し未来予測型の経営を行うデータドリブンの両輪で駆動する企業を目指し、様々な変革に取組んでいます。
そのような変革の中、ポートフォリオ戦略本部は、全社戦略立案/事業戦略決定に向けて、データドリブンによる将来予測や新規市場開拓、強い商品/サービス作りを目的に2021年4月に新設され、以下の活動を遂行しています。
 (1)全社戦略、市場/顧客の声、競合動向を踏まえ、社内各部門や関連ステークホルダーと連携し、強い商品/サービス作りに向けた施策を推進
 (2)市場/顧客の声、競合動向等のデータを基にした中長期的な予測/シナリオを策定し、社内各部門のビジネス活動を支援(戦略立案、新商品開発支援、テストマーケティング等)

VISION

Driving Global Growth

ポートフォリオ戦略本部は「あらゆるステークホルダーの声を紡いで市場の先を行くインサイトを提供し、全社戦略の羅針盤であり続ける」を組織ビジョンに掲げています。
パーパス実現における先導部門として、​目的意識と仮説を持ってマーケットの動向をつかみ、​対話によってあらゆるステークホルダーの英知を結集します。そして、​社会の前進意欲を喚起するビジョンを紡ぎながら、​ビジネスを通じて今と未来をつないでいきます。

JOB

  • 重点注力事業のビジネス拡大を目的に、全社戦略策定に資する商品/サービス戦略立案と施策実行を担います。市場/顧客/競合/自社データの分析結果に基づき商品/サービスを強化し、ビジネス拡大を図ります。

  • データドリブン経営の実現に向け、Market Intelligence/Analyst Relations等の活動による調査/分析から新たなインサイトを提供。事業部門と顧客の声を相互流通し課題/ニーズを定量的に把握・分析することでビジネス判断を支援します。