リテール事業本部

職種 セールス,コンサルタント,ソリューション&サービスエンジニア,ビジネスプロデューサー
事業フィールド 流通・小売
テクノロジー AI IoT クラウド ビッグデータ マーケティングオートメーション DX ロボット(RPA) Azure AWS Google Cloud Salesforce SAP ServiceNow
キーワード #流通 #小売 #百貨店 #ショッピングセンター #アパレル #スーパー #コンビニ #無人店舗 #ビッグデータ #AI #IoT

ABOUT

~私たちの暮らしに一番近いお客様に価値提供~

変化対応業とも呼ばれる小売業。少子高齢化、消費者のライフスタイルや価値観の変化、デジタル化が進む社会、デジタルネイティブの台頭など、小売業のお客様は社会、生活の変化に敏感に対応し、日々の事業活動を営まれています。

私たちリテール事業本部は、お客様のフロントに立つビジネスプロデューサーと、お客様への開発・デリバリーを担うシステムエンジニアを一体組織とし、お客様のビジネスをサポートしています。百貨店、アパレル、ファッションなどの各種専門店、総合スーパーや食品スーパー、ドラッグストアなどの量販店、コンビニエンスストア、外食産業など、小売業の様々な業態のお客様に対して、ICTインフラや各種ソリューション、テクノロジーの提供を通じ、お客様の事業活動を支えています。

小売業のお客様においては、昨年度からの新型コロナウイルスの感染拡大が事業に与えた影響は極めて大きく、お客様自身のビジネスモデルの変革が急務となっています。私たちは、お客様に寄り添い、お客様とともに考え、ICTの利活用を通じてお客様を経営革新、事業革新に導くかけがえのないDXパートナーとしての地位を確立すべく、活動を続けています。

また、海外での事例をスピーディーに日本国内の製品・サービスに取り込みながらも、逆に日本のよいところは海外に発信し、グローバル製品に反映させていく。そんな好循環を目指して、日本・海外の拠点と一体となって、ビジネスを推進していきます。

私たちの暮らしに一番近いお客様に価値提供することは、自分の仕事がどのように世の中に役立っているかが実感できるので、本当にやりがいがあり、わくわく感に満ち溢れています。是非私たちといっしょに、私たちの身近なお客様とともに、これからのビジネスを創っていきませんか?本部員一同お待ちしています。

 

<私たちのお客様>

~小売業~

百貨店、コンビニ、アパレル、スポーツ用品販売、化粧品、アミューズメント、駅ビル、ショッピングセンター、スーパー、生協、ホームセンター、ドラッグストア、ネット企業など

 

<お客様を支えるサポート拠点>

首都圏、名古屋、大阪、福岡など

VISION

~ 多様で豊かな消費体験 -パーソナライズドエクスペリエンスを届ける- ~

人々の価値観が多様化し、新しい消費や繋がり、働き方への指向が高まっています。これまでの生活者像、消費行動を前提とした小売業の業態やそのサプライチェーンは大きくその“カタチの変更”を迫られています。

社会インフラの進展に伴い生活者のデータ活用は高度化され、パーソナライズした消費体験の提供が必須となります。また、社会課題解決への貢献のため、消費者、小売業、サプライチェーン事業者までが連携していくことが重要になります。

そのような世界を実現するために、わたしたちは「Consumer Experience」というビジネス領域を定めました。今後、多様な購買体験を実現する高度化したRetail as a Service、社会環境の負荷の軽減につながる持続可能なサプライチェーンや、個人や企業・社会の新たな価値交換のしくみを提供していきます。生活者自身が意識せずとも社会に貢献し、より豊かな生活を創造する消費のかたちを提供していきたいと考えています。

わたしたちは、イノベーションと発想力によって、消費者に安心・安全を提供し、本部員全員参加で、持続可能な明るく豊かな社会の実現に貢献します。お客様とともに考え、未来を創りつづけるかけがえのないパートナーになれるよう、日々、進化していきます!

JOB

  • ビジネスプロデューサー

    ~若手の成長と活躍を支援する組織文化、その機会をグローバルに提供します~

    わたしたちビジネスプロデューサーは、お客様とのビジネスの最前線に立ち、お客様の事業や様々な業務、経営課題の解決に向けて、社内外のステークホルダーを巻き込み、お客様に価値を提供します。小売企業には、IT部門だけでなく、営業・販促やカード政策、経営企画や経理・その他間接部門など、多岐にわたるアプローチ先が存在していて、様々な人たちとのコミュニケーションが必要です。時には、多様な部門間での意見や利害関係が衝突し、ビジネスが筋書通りにいかなくなることもあるかもしれません。
    そのような時、最前線に立つビジネスプロデューサーとして、お客様のビジネスの本質を捉えた本当に価値のあることを見極め、将来を見据えた提案をしていくことによって、お客様の信頼が得られるのだと信じて活動しています。
    そのためには、ビジネス企画力やコミュニケーション力だけでなく、デザイン思考に基づくアイデア発想力やグローバル視点の醸成など学ばなければならないことは、たくさんあると思っています。組織みんなで学習し、成長できる、そんな組織運営を目指し、日々の仕事に取り組んでます。

  • エンジニア/デリバリー

    ~消費者に驚きや喜びを。みんなでカタチにする~

    私たちのミッションは、小売企業であるお客様のビジネスの本質を理解し、最適なソリューション製品をタイムリーに提供することによって、お客様のビジネスを最大化することです。更には、小売企業の先にいる、私たちにとって本当のお客様である「消費者」に対して、安心・安全、便利で豊かな消費社会の提供に貢献することです。
    そのミッション実現のためには、私たちエンジニア部門だけでなく、ビジネスプロデューサーである営業部門や、製品の事業部門・技術部門、さらにはコンサル部門とも協力し、チームワークを発揮しながら仕事を進めていかなければなりません。
    私たちはエンジニアとしてのテクノロジー知識だけでなく、お客様の業務知識やビジネススキル、あるいはリーダーシップ力など、様々なスキルを身につけるべく日々実践しながら学んでいます。
    その学んだスキルを思う存分活かして、様々な生活シーンで消費者の購買体験に驚きや喜びを提供できる、そんな仕事をしています。

NEW TECHNOLOGY

AIによる来店人数予測により、商品廃棄ロスや欠品の削減、シフトの最適化に貢献

「なんでこんなに混んでるのにレジ全部開けてないの?」とか「おにぎり全然棚においてない!」とか「お弁当たくさん売れ残っててもったいない!」なんて思った経験はありませんか?!スーパーやコンビニでは、お店の方がこれまでの経験で店員のシフトを組んだり、商品の発注をされていますが、それはあくまでその方の経験知に基づいた勘が頼りです。私たちは富士通の独自技術のAIである「動的アンサンブル予測」を用いて、スーパーのお客様とともにお客様の来店人数予測をしています。結果は数パーセントの誤差で見事的中。お客様にも満足いただき、これから店舗展開をしていく予定です。人手不足や廃棄ロスは今や社会問題、私たちはICTでその問題を解決していきます。

VOICE

  • 名前:
    Y.Yamane
    職種:
    エンジニア/デリバリー
    入社年:
    2019年入社

    お客様やチームメンバーと一緒に、小売DX実現に向けてチャレンジの日々を過ごしています

    入社後1年間、大手小売業のお客様向けシステムのエンジニアとして主に設計業務に携わってきました。上流工程を経験していく中で、実際に自分の手を動かしてものづくりをしたいという気持ちを持ち始めたところで、ものづくりのプロジェクトに関わる機会があり、現在は、レジに並ばずスマートフォンのみでお買い物を完了できる画期的なキャッシュレス決済アプリ開発プロジェクトのメンバーとして日々業務に邁進しています。本プロジェクトはアジャイル開発を採用しており、お客様との会話から開発機能や仕様をデザインする能力や、短期間でサービス提供を行うスピード感を実現するためのタスク管理能力と技術力が必要になります。設計・実装・テスト全ての業務を担当するため大変である反面、自分の思いをプロダクトに反映しやすく、やりがいのある仕事です。チームメンバーの平均年齢が29歳と社内でも屈指の若手の多さのためか、自由でフランクな雰囲気だと感じています。各メンバーが高いスキルを持っており、わからない部分はチームに共有することで解決のアイデアを出してくれるため、未経験の領域であっても恐れずチャレンジできる風土が整っています。

  • 名前:
    K.Tateishi
    職種:
    ビジネスプロデューサー
    入社年:
    2020年入社

    日々働きながら勉強する毎日、その分自分の成長を常に感じて働いています!

    入社以来、首都圏にある百貨店業のお客様に対しビジネスプロデューサーとしてSEや協力会社と連携しながら商談推進を行っております。クラウドやサーバ・ネットワーク等のインフラ・サービス領域に加え、基幹システム、POS・決済システム等のアプリケーション領域など、富士通が提供できる広い範囲にわたるソリューションやサービスを実感しながら働くことができています。今後はその提供できる幅を存分活かして、お客様からの要望に応えていくだけでなく、新たな開拓分野としてDX領域へも活動を広げ、お客様への価値向上及び貢献ができるよう、自ら積極的に提案していきたいと考えております。
    入社二年目になり、担当するお客様の数や仕事量も増え、大変なことも多々ありますが、日々の業務を推進するにあたって上司や先輩方とのコミュニケーションは非常に取りやすく、親身になって相談にのってくれる環境が整っているので、日々やりがいを感じながら働いています。
    まだ、ICT知識や自社ソリューション、さらにお客様に関する情報について、日々学ぶことばかりの毎日ですが、自身の成長を感じながら仕事に臨める職場環境が富士通には整っており、今後もその環境をフル活用して自身の成長と会社やお客様への貢献に邁進していきたいです。

TOPIC1

リテールビジネスのデジタルシフトを支援する「Brainforce」

Brainforceは、人や社会の視点から、よりよい未来をつくる持続可能な店舗を創造することをご支援します。様々なテクノロジーを活用し、消費者ひとりひとりに寄り添い新たな顧客体験を提供すること、活き活きと働ける職場環境を提供すること、この顧客体験と従業員体験をバランスよく向上させ新たなバリューチェーンの最適化を図ることが、Brainforceの目指す世界です。
IoTやウェアラブルなど消費者接点は変化が激しく、柔軟に対応することが求められます。そのような時代の新たなeコマースの形として注目されているのが“ヘッドレスコマース”です。“ヘッドレスコマース”とは、フロントエンドUIとそれを支えるバックエンドのそれぞれが独立して構成されることで、様々な環境変化の対応においてバックエンドの影響は最小限とし、新たな顧客接点、チャネル、ユーザーニーズに素早く、柔軟に対応することが可能となります。
ウォークスルーチェックアウトやキャッシュレス決済、AIレジレスストア、オンラインデリバリーなど、様々なサービスをスピーディーにアップデートし、消費者に新たな価値を提供し続けます。

TOPIC2

シリコンバレーのスタートアップ企業連携によるビジネス機会の拡大

現在、富士通のリテール部門は、米国富士通研究所に駐在員を派遣し、スタートアップを活用した新規ビジネス・サービスの創出に取り組んでいます。世界最大の規模を有する米国小売市場、そして世界で最も巨大なハイテク、イノベーション企業の集積地であり、何千といるスタートアップ企業が集まるアメリカ・シリコンバレー。そこに身を置くことで、メジャー企業の動向、はたまた小売業全体の動向をタイムリーに肌で感じ、今注目されているテクノロジーやスタートアップを発見し、早期に富士通の新しいビジネス・サービスを創出できるよう日々取り組みを行っています。
具体的な事例としては、リサーチ活動を通してスタートアップ企業を発掘し、実際に面会し実地検証を通してスタートアップの風土、ビジネスプラン、技術力を評価し、早期に新しいビジネス・サービスを創出し、今後も富士通が、飛躍的な成長を遂げられるよう取り組んでいます。