基盤システム事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア
事業フィールド 中央官庁,公共,社会インフラ,金融
テクノロジー クラウド 構築自動化
キーワード #インフラ #ミッションクリティカル #DX #社会的責任 #クラウド

ABOUT

基盤開発のプロフェッショナル集団

基盤システム事業本部は、富士通が多くのお客様に提供する各種システムインテグレーション(SI)を、インフラ(基盤)から支えるために組織されたソリューション&サービスエンジニアグループです。

 

基盤開発とは、様々な「サービスを実現するための業務アプリケーション」を動作させる土台を準備することです。そのためには無数のハードウェアやソフトウェア、クラウドサービス、制御アプリケーションを組み合わせる必要があり、これらを決められた期間で確実に作り上げる開発作業を行っています。さらに、その土台の一部となるソリューション、サービスを、当本部または他社ソリューションと協業してお客様に提供しています。

VISION

組織パーパス

高い技術力を通じて、
金融・行政をはじめとする社会インフラ基盤の信頼性を確保し、
持続可能な明るい未来づくりに貢献します。

 

組織ビジョン

金融、行政その他様々なミッション・クリティカル事業を有するお客様に対して、高度な基盤サービス、ソリューションを提供することで、社会インフラの高度化・効率化を強固なテクノロジーによって実現し、日本の持続的成長に貢献します。あわせて、基盤系システムのモダナイゼーション、クラウドリフト&シフトを通じて次世代IT基盤の提供により、お客様のDX化を積極的に推進します。

本部スローガン「Challenge to change」のもと、昔からの慣例や慣習に囚われず、今やるべき正しいことをやる。
そして、ビジネスモデルを変革し続ける、それが当本部の目指す姿です。

NEW TECHNOLOGY

ミッションクリティカル クラウド

社会に大きな影響を与えるミッションクリティカルなお客様の要件に対し、自社クラウドであるFJcloudはもちろん、メガクラウドであるAWSやAzureのクラウド技術を使ってインフラの提案・開発をしています。オンプレミスで実現していた、性能・信頼性・セキュリティ等のミッションクリティカルな要件をクラウドで実現するため、日々進化し続けるクラウド最新技術を研究・開発する必要があります。お客様に最も近い存在として各クラウド事業者と協業し、新しいサービスや付加価値を創造する事で、お客様および社会の発展、安定稼働に貢献しています。

 

分野間データ連携

内閣府が推進する「スーパーシティ構想」の実現に向けて、構想の核となる「分野間データ連携基盤」の調査研究と開発に取組んでいます。行政やキャッシュレス、遠隔医療・教育等、複数のサービスを繋げ、点在するデータを誰もが安心・安全に使える世界にするため、ブロックチェーンをはじめとした最新テクノロジーを駆使し、トラストなデータ流通基盤を実現します。この仕組みを未来都市の共通ICT基盤に成長させ、社会課題の解決に貢献します。

VOICE

  • 名前:
    S.K
    職種:
    ソリューション&サービスエンジニア
    入社年:
    2019年入社

    バックグラウンドを問わず、富士通はあなたの挑戦に応えます

    私は、クラウドを活用したシステム基盤の設計・構築業務を担当しています。
    業務では、ITインフラや各パブリッククラウドに関する知識・資格である「ハードスキル」とお客様の要件を汲み取ったり、設計の意図をわかりやすく伝えるといった「ソフトスキル」の2つが必要になります。この2つのスキルを同時に培うことができる点が、基盤システム事業本部の良さです。

    私は文系出身なのですが、本部の資格取得支援制度や知識豊富な先輩方のサポートにより、AWSプロフェッショナル認定など、クラウドの認定資格を多数取得することができました。また、身に付けた知識をもとに設計・構築したクラウドシステムをお客様に理解してもらえるように説明するといった顧客対応経験も日々積むことができています。急成長しているクラウドの分野で、実務レベルのスキルを磨いていけることはワクワク感があり、さらにスキルアップできればと思います。

  • 名前:
    T.H
    職種:
    ソリューション&サービスエンジニア
    入社年:
    2019年入社

    クラウド技術を利用して、素早く社会に価値を届ける仕事ができます

    行政相談窓口のDX化を目的としたSNS連携システムのインフラ開発業務を担当しています。
    本プロジェクトには提案段階から参画しており、実際にシステムを利用される方々の特性を考慮して、最適なシステム構成を提案してきました。非常にセンシティブな個人情報を扱うシステムという特性上、セキュリティを第一としたクラウドシステムを開発しています。また、短期間でお客様の要件を満たすシステムを構築するために、ローコード開発やPaaS/SaaSを中心としたクラウドサービスを採用しています。

    入社時点ではクラウドシステムに関しての知識は一切ありませんでしたが、富士通の手厚い資格取得支援制度を活用して日々学習を続けることで、最適な提案をすることができたと感じています。クラウドシステムは日々進化を続けており、最新の情報をキャッチアップし続けることは非常に大変ですが、提案できることが広がり、よりよい社会を素早く実現できることに非常にやりがいを感じます。

DEVELOPMENT

セル活動

自分の想いを仕事にする本部横断の場として、3種類のセルから構成されています。

 

 ・自身の得意分野のノウハウを展開、伝授して人材を育てる「人材育成セル」

 ・新しい技術をテーマに探求する「開発技術セル」

 ・自分の想いや社会問題をビジネスとして取り組む「ビジネス創出セル」

 

皆さんの挑戦を待っています。

CULTURE

Diversity and Inclusion

“多様性を活かしたワークスタイル・風土を創る”

本部長を筆頭とした有志により、ダイバーシティ推進活動を実践しています。お互いを認め合い誰もが生き生きと働く職場を目指して、女性幹部社員育成プログラムやキャリアプラン形成に向けた講演会、介護や休日取得促進に向けたワークショップを行っています。また、経営層とのタウンホールミーティングや対話会を通して現場の意見を吸い上げる場をつくり、イノベーションを起こし続ける風通しの良い風土・組織を目指して活動しています。

SOLUTION

グローバルオファリング

お客様の事業の変革と成長に向けて、グローバルに通用する他社ソリューション(Salesforce、Microsoft等)と協業し、お客様の課題解決、新たな価値提供、そしてお客様DXへ貢献しています。長年培ってきたパッケージソリューション開発の知見を基礎とし、富士通全社戦略であるグローバルオファリングにシフト、アジャイル手法を取り入れローコード開発を推進しています。

システム連携ソリューション

自社~他社間や自社内におけるシステム間の連携をリアルタイムかつ、高信頼で実現するソリューションを提供しています。多種多様な接続ニーズに柔軟に応え、金融機関を中心に幅広く採用されており、例えば銀行間の送金や、オンラインバンキングなどを実行するための基盤として利用されています。銀行対外接続系の一部機能については、2021年度よりSaaSとしても提供を開始しました。今後は異業種間の連携や更なる付加価値を提供することで社会の様々なシステムを連携し、お客様及び社会の発展に貢献していきます。

マイグレーション支援サービス

企業が持つ大量のデータを可視化することで、データ活用によるお客様の新たなビジネス創出に貢献していきます。「データ移行サービス」をベースに新たにデータ可視化サービスをラインナップに加え、お客様システムの安心安全なマイグレーションを支援していきます。さらに、将来のお客様システムのモダナイゼーションやDXへの課題解決を見据え、データプレパレーションやデータ分析などの技術調査を進め、お客様のデータマネジメントを支えるトータルサービスへ進化していきます。