社会基盤システム事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア,プロダクト企画,品質保証
事業フィールド エネルギー・電気・ガス,社会インフラ,通信・メディア
キーワード #通信キャリア #メディア #エネルギー・電力・ガス #大規模SI #共創

ABOUT

大規模かつ重要度の高いICTの最先端のミッションを担う

通信事業や新聞、テレビ、広告などのメディア事業、電力、ガスなどのエネルギー事業は社会のインフラを支えるため、ICTの最先端を走り続けなければならない事業です。これらのお客様に対して、その視線の一歩先を行くICT製品やサービスソリューションを提供すること。それが当事業本部のミッションです。
私たちのお客様が求めるシステムは、非常に公共性が高く大規模であることから、システム構築と運用には高い品質と信頼性が求められます。
例えば、通信事業者向けの顧客管理システムでは、お客様が新料金プランを導入する際、経営の意思決定に機敏に対応することが可能な「超高速かつ高品質」を提供するシステムに再構築しました。このシステムは、7,000万の契約情報を一元管理するもので、1日に2,700万件を超えるデータを処理する日本最大級のシステムでありながら、従来のシステムに比べて案件対応スピードが3倍速いだけでなく、商用故障はわずか0.029件/Ks未満であれば標準と言われる中、高い品質を誇っています。

VISION

社会の変化にチャンスを見出し、お客様の新たなビジネス創出に貢献

私たちのお客様を取り巻くビジネス環境は、大きく変わってきています。例えば、通信事業者の動向を見てみると、固定電話から携帯電話が主流となり、携帯事業も競争が激化しています。また、新聞をとらない世帯が増加し、広告費はテレビ、新聞、雑誌ともに減り続け、唯一インターネットだけが増加しているのが実状です。エネルギー業界では電力小売自由化によって顧客離れの防止と新規顧客獲得が課題となっています。このようなビジネス環境の変化はお客様にとって危機であるとともに変革のチャンスでもあります。また、同時に私たちのビジネスチャンスでもあります。私たちはこうしたお客様のビジネス環境の変化に適応したシステムの提案を積極的に行っています。
お客様の期待に応えるためにソリューション&サービスエンジニアに要求されるのは「先進技術の適用力」「高品質で保守性に優れた大規模システムのシステムインテグレーション、サポート力」そして「お客様とともに新しいビジネスを具現化する力」です。当事業本部では、そのための人材育成にも積極的に取り組んでおり、個々の成長を支援しています。

NEW TECHNOLOGY

クラウド・AIを活用した映像の二次利用効率化

当事業本部では、映像に対する様々なAIやクラウドを取り扱っています。我々のお客様である放送局様では、ニュースやドキュメンタリーなどの番組の中で過去の映像を再利用するために映像が収録された数百万本のテープ媒体から特定のシーンを人手で探し出す作業を行っていましたが、我々はクラウドとAIを活用する事で当課題の解決を実現しました。

映像を全てクラウドで保持する事でいつでもどこからでも映像にアクセスできるようになりました。また、これまでは人手で名前や台詞などをタグとして映像に付与していましたが、顔認識AIや音声認識AI、文字認識AIを活用する事で映像に自動的に付与する事を可能とし、瞬時に再利用するコンテンツを特定できるようになりました。

放送局様は、インターネット同時配信やSNS、YouTubeなどインターネットを活用した情報発信について積極的に取り組んでおり、AIやクラウドの期待度は高まっています。我々のサービスを活用しお客様の期待に応える事で社会インフラである放送業界に貢献しています。

VOICE

  • 名前:
    M.Tanigaki
    職種:
    ソリューション/サービスエンジニア
    入社年:
    2018年入社

    お客様と一緒に解を見つけるパートナーになれるよう、AIやデザイン思考の活動にチャレンジ

    私が今一番実感している富士通の魅力は、興味のある新しいことに誰もがチャレンジできる環境です。
    入社後から現在まで電力業界のお客様を担当しています。これまではお客様の社内システムを構築するプロジェクトに開発工程から保守工程まで参画しました。現在は、新たなプロジェクトの要件検討やAIプロジェクトの商談準備を行っています。さらに通常業務と並行して、AIの実践的な研修、他業界のお客様を対象とするデザイン思考のワークショップにオンライン参加し、新たなことにもチャレンジしています。
    社会インフラを支えるお客様のパートナーとして、これまで学んだ開発スキルを現在の業務に活かしているところですが、最近は商談準備を通じてお客様と一緒に解を探していくことの重要性と難しさを実感しています。そのため、自分自身の視野や技術領域をさらに広げ、発想力を鍛えたいと思い、社内で自由に参加することができる研修や業種・業界を超えたワークショップに挑戦中です。
    やりたいことが決まっている人も、これから具体的に探したい人も、富士通なら自分自身の引き出しを増やしていけると思います。

  • 名前:
    K.Tadano
    職種:
    ソリューション/サービスエンジニア
    入社年:
    2011年入社

    メンバー、お客様がともに仕事とプライベートの両立できるリーダーを目指して

    国内の携帯電話事業者向けのシステム構築・運用を担う部署に所属しています。多くのユーザーを抱える携帯電話事業者のシステムは高い品質、信頼性が求められることは当然のこと、競争が激しいため、お客様の求めるビジネススピードに応えることがミッションです。
    その中で私は新規システム構築のインフラリーダーとして日々奮闘しています。ニューノーマル時代の働き方と言われ始め、今までの働き方とは大きく変わりました。私自身、過去に育児休暇を取得して仕事と子育てを両立してきましたが、テレワークへ移行が進んだことで仕事と子育ての両立がより容易な環境となりました。
    リモートでの仕事は、チームメンバー、お客様とのコミュニケーション、マネジメントスキルがより求められます。チームメンバー、お客様ともにプライベートな時間が充実できる働き方に変えていきたいと思います。