金融ビジネス本部

職種 ビジネスプロデューサー
事業フィールド 金融
テクノロジー DX AI IoT ビッグデータ クラウド セキュリティ
キーワード #銀行 #保険 #証券 #クレジット #リース #取引所 #Fintech #デジタルビジネス

ABOUT

暮らしや経済に欠かせない「金融」、その未来の姿を描く 

金融ビジネス本部は、銀行、保険、証券、クレジット、リース、証券取引所など、日本及びグローバルに展開するファイナンスを扱う企業を広くお客様としています。当本部に所属する約500名のビジネスプロデューサー(営業)は、これらお客様のかけがえのないパートナーとして現場の最前線にたち、お客様のビジネスのありかたを一緒に考え、基幹システム、チャネルをはじめ、金融機能を支える先進システムをトータルに提供しています。

ATMや銀行アプリ、○○Payなど、皆さんも生活の多くの場面で「金融サービス」とそれを支えるICTに触れているのではないでしょうか。同時に、その金融サービスが、社会情勢やテクノロジーの変革を受けて、日々進化していることも実感しているかと思います。激動の時代を迎える金融業界を相手に、富士通が提供できる価値とはなにか。古い考えにとらわれない柔軟な発想と強い主体性をもつ“新しい力”を期待し、皆様のことを心よりお待ちしております。

VISION

テクノロジーの力で、
金融サービスに安心と利便性を

当本部のビジョンは、テクノロジーで金融サービサーのDXを成功へと導き、金融サービスに安心と利便性をもたらすことです。かつて「金融サービサー」と言えば、銀行や証券会社といった伝統的な金融機関が握る狭い世界でした。しかし最近では、コンビニエンスストアやスーパーといった小売業界を筆頭に、銀行を新規に立ち上げたり、○○Payを始めたりする異業種企業が続出しています。当本部は、それら異業種企業も含むあらゆる「金融サービサー」をお客様と捉え、お客様が確実に金融取引や業務を実行できるよう、さらには、お客様のお客様(生活者)が、安心・便利に金融サービスを利用できるよう、ICTの側面から支え続けています。

人工知能(AI)やブロックチェーンを使った新たな金融ビジネスとは?店舗の人手不足を解消する未来の決済システムとは?銀行員のニューノーマルな働き方とは…金融にはDXの伸びしろがまだまだあります。私たちは、最新のテクノロジーを駆使し、ときに金融業界の垣根を超えた多様な企業と連携しながら、画期的で便利な金融サービスの創出や社会課題の解決を目指します。

JOB

  • ビジネスプロデューサー

    社内外問わず様々な人と協力しながら、「コミュニケーション力」「主体性」「専門性」などを強みに、現場の最前線で顧客のビジネスのあり方を常に一緒に考えます。お客様のかけがえのないパートナーとなり、顧客や社会の課題解決に向けた全体プロデュースを担います。

NEW TECHNOLOGY

AIが保障プランを提案!生命保険業界の革新的な取り組みを第一生命様と実現

自分にマッチした生命保険は何か…保険の営業職員さんに相談すると、一人ひとりに最適な保障プランを組み立て提案してくれます。実は、その保障プランの組み立てに、富士通のAI技術が活用されています。過去約1,700万件のデータを機械学習し、お客様の年齢や性別、ニーズ、予算などに応じて、保障プランをAIが提示するというものです。これにより、入社が間もない営業職員を中心に、コンサルティング力の高度化・品質の均質化を可能とし、お客さま一人ひとりのご意向に沿った保障のご提案に寄与しています。第一生命保険株式会社様にて2020年4月よりスタートした、革新的なこの取り組み。第一生命様を担当する富士通のビジネスプロデューサーは、プロジェクトメンバーとともに第一生命様の(一番の理解者として)現場見学やインタビューを重ね、業務理解を深めました。また、このAI活用構想の実現に向けて富士通がもてる役割を最大限発揮できるよう、富士通社内のデータサイエンティスト、開発SEなどを横断的に束ねてプロジェクトを進めました。このように、AIなどの先端テクノロジーを、金融領域でどのように本格活用してDXを導くか、テクノロジーの活路を見出すことも私たちの役割の一つです。

VOICE

  • 名前:
    K. Ueichi
    職種:
    ビジネスプロデューサー
    入社年:
    2008年入社

    金融は経験できるフィールドが広い、枠にとらわれないところが魅力です

    私は現在、大手銀行を担当しています。銀行システムは人々の生活に欠かせない重要なシステムであり、人々の生活様式や価値観の変化に伴い、先を見据えた新たな価値を提供することが求められています。責任は大きく、注目されることも多いですが、自分の携わったサービスを多くの人に利用いただいていることが実感できるため、無事リリースできた時は、喜びも一入です。また、私たちの本部はダイバーシティがとても進んでいます。育児休暇制度においても男女ともに多く利用しています。ライフステージと向き合いながら、自分の強みを活かし、活躍できる風土がつくられています。最後に金融ビジネス本部は、専門性を深めることができるのはもちろんですが、金融は全てに繋がるため、他業種との融合、グローバルビジネスなど、経験できるフィールドが広いところが魅力です。色々な経験をしたい、枠にとらわれない価値を創出したいという方は、金融ビジネス本部を是非選択ください!

  • 名前:
    H. Saito
    職種:
    ビジネスプロデューサー
    入社年:
    2015年入社

    お客様とOne Teamで「ゼロからのモノづくり」!

    入社以来、金融取引所業界を担当しています。社会インフラと呼ばれるミッションクリティカルシステムを対象に、提案、開発、運用保守に至る一連の業務を経験しました。入社3年目からは、上司や先輩にサポートを頂きつつ、業務を主担当として任されるようになりました。日々私たちは、お客様のパートナーとして、SEと共に、お客様のビジネスをどうすればより良くできるのかを考え抜いています。最近では、お客様の新規ビジネスの立ち上げをIT観点からサポートし、お客様とOne Teamでプロジェクトを推進し、ローンチしました。この経験を通じ、改めて仕事へのやりがいを感じると共に、私自身大きく成長できました。当社を代表する、大規模かつ基幹業務を担う金融機関様のシステムを担当することは、大きなプレッシャーがありながらも、自ら考えたビジョンをチームで形作る「ゼロからのモノづくり」を経験できる希少な機会です。

SKILL UP

自ら学び成長する、ビジネスプロデューサー育成のためのオンライン学習プログラム

私たちを取り巻く環境やお客様ニーズが急速に変わる今、私たちが扱うソリューションやサービスもこれまで以上のスピードで多様化しています。社内の情報収集が追い付かない、リモートで情報共有がしにくくなったりなど、様々な課題がありました。そこで、あらゆる変化に臨機応変に対応し、ビジネス化へ導く力を養うための、オンライン型学習プログラムを本部独自で実施しています。富士通が提供する最新のソリューションやサービスの内容を学べる学習プログラムです。隙間時間での自己学習(動画コンテンツでの学び・AIを活用したプレゼンテーションの自動採点など)や、少数で交互に教え合う学習(参加者同士でのフィードバックなど)で理解を深めます。生命保険会社への提供実績があるシステムをベースに構築しました。自分の意志や想いを持って、お客様の課題解決に繋がる提案ができるようになるよう、このような取り組みを以て本部全体でサポートしています。

MORE INFORMATION

テクノロジーの関連記事を見る