基盤システム事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア
事業フィールド 中央官庁,公共,社会インフラ,金融
テクノロジー クラウド 構築自動化
キーワード #インフラ #ミッションクリティカル #DX #社会的責任 #クラウド

ABOUT

基盤開発のプロフェッショナル集団

基盤システム事業本部は、富士通が多くのお客様に提供する各種システムインテグレーション(SI)を、インフラ(基盤)から支えるために組織されたソリューション&サービスエンジニアグループです。

 

基盤開発とは、様々な「サービスを実現するための業務アプリケーション」を動作させる土台を準備することです。そのためには無数のハードウェアやソフトウェア、制御アプリケーションを組み合わせる必要があります。

特に大規模システムにおいては、数百台におよぶサーバやストレージ機器が必要であり、これらを決められた期間で確実に作り上げる開発作業を行っています。

VISION

Challenge to Change

“生き残る種とは、最も強いものではない。

  最も知的なものでもない。

 それは、変化に最もよく適応したものである。”

 

チャーチルズ・ダーウィンの考えであり、当本部のビジョンです。
テクノロジー技術の革新、新型感染症の猛威拡大によって、人々の生活は大きく変貌を遂げています。
その中にあって我々は何をすべきでしょうか。

 

  ー慣例や習慣に捉われず、今やるべき正しいことをやる。

  ー年齢も経歴も関係なく、「やりたい」思いを尊重する。

 

ぜひ一緒に、あなたの思いを実現しましょう。

その思いは、人々の生活をより豊かにする可能性を秘めています。

NEW TECHNOLOGY

クラウド技術

クラウドとは、インターネットを通じてコンピュータ資源を利用できるサービスの総称です。従来のお客様がそれぞれコンピュータを所有する形態と異なり、クラウドでは「使いたいときに使いたい分だけすばやくコンピュータ資源を使える」「最新の技術を使用できる」などのメリットがあります。

我々はクラウドにおいて重要な社会システムが安定的に稼働できるよう最新技術を研究・開発し、お客様および社会の発展に貢献しています。

VOICE

  • 名前:
    R.Y
    職種:
    ソリューション&サービスエンジニア
    入社年:
    2018年入社

    バックグラウンドを問わず、富士通はあなたの挑戦に応えます。

    文系出身でソリューション&サービスエンジニア業務をやり遂げられるのか、外国籍で言葉の壁を乗り越えられるのか…と、様々な不安を抱き入社しました。しかしその不安は、1年弱の研修とOJT期間を通じて払拭されただけではなく、想像以上の楽しさと知識を手に入れることができました。入社3年目となる現在、インフラエンジニアとして、お客様の基盤システムの設計から構築まで一連の業務を担っています。IT技術の進化するスピードは凄まじく、今までの経験に囚われずに変化へ挑戦する力が求められています。
    富士通には、今までの経験を問わず、あなたの「挑戦」に応える環境があります。ベースの知識がなくても、入社後の研修プログラムと親切な先輩方の手厚いサポートにより、努力次第で最先端の技術を身に付けることができます。大切なのは、あなたの「挑戦」を発信することです。
    やりたいことさえ明確にすれば、どんな人でもその姿勢を応援してくれる、それが富士通の風土です。

  • 名前:
    R.S
    職種:
    ソリューション&サービスエンジニア
    入社年:
    2018年入社

    日々勉強と実践を繰り返し、よりよい「働く人の未来」の実現を目指しています。

    入社以来、RPAパッケージであるAxeluteの開発業務に携わってきましたが、現在はAxeluteに続く新規ソリューションの企画・調査研究を担当しています。業務の効率化だけでなく、働くことがより楽しく、充実するようなソリューションを目指し、アイデア検討、ニーズや技術の調査、デモの作成・検証などを進めています。
    調査研究の中で必要なスキルはデザイン思考、幅広い技術力、マネジメント力など多岐に渡り、まだまだ勉強中の毎日です。様々な角度からアイデアを発想する必要があり、一見関係がないようでも様々な経験が活きる可能性があります。そのため、普段から興味のある技術を学ぶことや、世の中の変化やビジネスを積極的にキャッチすることを心掛けています。
    製品開発業務とは違い、決まったプロセスがないため難しい点もありますが、新しいアイデアを生み、自分たちの手で形にすることは、未来を開拓するようなワクワク感があり面白く感じています。

DEVELOPMENT

セル活動

自分の想いを仕事にする本部横断の場として、3種類のセルから構成されています。

 

  ・自身の得意分野のノウハウを展開、伝授して人材を育てる「人材育成セル」
  ・新しい技術をテーマに探求する「開発技術セル」
  ・自分の想いや社会問題をビジネスとして取り組む「ビジネス創出セル」

 

皆さんの挑戦を待っています。

CULTURE

CCCulture

Challenge to Change of Culture

“これからの時代を担うDX企業としての持つべきカルチャー”

 

若手社員が中心となって考えて推進し、醸成していくための活動です。

「上から言われてやる」のではなく、「自分たちがやりたいことをやってみる」がコンセプトです。

SOLUTION

構築自動化

システムの基盤となるハードウェア・OS・ソフトウェアの設定を、Ansible(※)ベースの自動化ツールを利用することで、高品質でスピーディーな基盤構築を実現しています。Ansibleだけでは対応できない設定もPythonやJavaを用いてツール補完することで、より広範囲な設定の自動化を実現しています。

自動化ツールの開発ではアジャイル・CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)の考え方を取り入れ、GitHubと連携したテスト駆動開発(TDD)も実施しており、今後も世の中の最新技術を積極的に取り入れながら富士通をリードしていきます。

※ Ansible:レッドハットが開発するオープンソースの構成管理ツール。

SOLUTION

データ連携ソリューション

自社~他社間や自社内におけるシステム間のデータ連携をリアルタイムかつ、高信頼で実現するソリューションを提供しています。多種多様な接続ニーズに柔軟に応え、金融機関を中心に幅広く採用されており、例えば異なる銀行間の送金や、オンラインバンキングなどを実行するための基盤として利用されています。
今後は異業種間の連携や更なる付加価値を提供することで、社会の様々なデータを連携させ、お客様及び社会の発展に貢献していきます。

SOLUTION

マイグレーション支援サービス

これまで、OSSをベースとしたテスト自動化や構成管理などのソリューション開発、システム開発プロジェクトへの適用などを通じて開発作業の効率化へ貢献してきました。そこで得た豊富な経験と確かな基礎技術を持つ人材、ソリューションやパッケージをフル活用し、新たに「マイグレーション支援サービス」として提供、お客様のシステム再構築の課題を解決していきます。
さらに、将来のお客様システムのモダナイゼーションやDXを見据えたデータプレパレーションのサービス化実現に向けて、AIやデータ分析などの技術調査研究を進めています。