社会システム事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア,プロダクト企画,品質保証,施工管理・施設技術
事業フィールド エネルギー・電気・ガス,モビリティ,スポーツ,中央官庁,全業種,公共,医療・ヘルスケア,天文・宇宙・気象,富士通グループ内,文教,流通・小売,産業,社会インフラ,空港,自治体,通信・メディア,金融,鉄道,防災,防衛省・自衛隊,食・農業
キーワード #都市インフラ #街づくり #映像解析 #AI #防災 #減災 #社会貢献 #社会的責任 #社会インフラ #セーフティ #人を守る #安全 #交通

ABOUT

国民を災害、事故、事件から守り 安全・安心に貢献するシステムを提供

近年頻発している大規模災害をはじめ、国民の生活や社会インフラの維持管理、企業活動を守るシステムなどに対するニーズは高まるばかりです。もし地震や津波などによって施設が破壊され、それにより国民の生活基盤や企業の重要なビジネスリソースが失われてしまうと、その後の復旧復興に大きな影響を与えてしまいます。それだけに当事業本部では、最新のICTで効果的に社会を支えるプロダクト・システム・サービスの提供が求められており、また、それを果たす義務が私たちにはあると考えています。

私たちは、これまで、画像、ネットワーク、遠隔監視制御、センサー応用技術などの分野で、数々の新しい技術を開発してきました。そして、多くの関連特許を取得・保有し、お客様への新しいサービスの提供に努めています。さらに、AIやIoTといった最新の技術にも積極的に取り組み新しい価値をお客様に提供しており、その姿勢は、これからも変わりません。

例えば、災害時に国民の安全を確保するダム管理システムや河川情報システムでは数多くのセンサーを駆使し、ダムや河川の水位をモニタリングし、危険水位に達すると避難情報やエリアメールの通知を行うソリューションが導入されています。

国が管理する防災情報や高速道路の交通標示、鉄道網がスムーズに運行されるように張り巡らされた信号設備などのネットワーク装置の開発と構築、鉄道車両情報と機器情報を一元管理する在来線車両検修管理システムの構築、また空港では離発着する航空機の駐機場管理や地上移動支援などの運行情報管理システムを提供し安全安心な空港の運営に貢献しています。さらには企業の安全を守るための高水準なセキュリティシステムの開発・導入にも力を注いでいます。また、施設全体を安全で快適に管理するための施設管理システムでは、空調、照明、電力設備などを適切に管理するシステムが導入されています。

私たちの技術が活かされるのは、安全安心の分野だけにとどまりません。これまでに培ってきた画像技術やネットワーク技術は、施設警備用の画像監視モニターや放送局のお天気カメラ、4K・8Kによるリアルタイム高画質伝送中継などの分野で、新しい価値を生み出しています。また、画像認識技術とAI技術を活用し、様々な情報を導き出すことに挑戦しています。これらの製品やソリューションは、品質を保証するために小山工場でソフト・ハードの展開試験を行います。お客様の信頼にお応えするべく徹底した品質管理を実施しています。

どれほど優れた機器やシステムも、設置・調整が適切でなければ性能を十分に発揮できません。当事業本部ではこの点にきめ細かく対応するため、北海道から九州まで全国9カ所にコンストラクション(工事)対応拠点を配置し、迅速で柔軟なサポート体制を築いています。工事ならではの業務の特色は、受注案件ごとに富士通の代表として、お客様への対応を一手に担う点です。自らが最高責任者として作り上げるシステムが形を成して後世に残る、これこそ「モノ作り」の醍醐味です。私たちは、システムインテグレート、製品の企画開発、品質保証、工事を通して、人々の豊かな生活と環境にやさしいIoT社会の実現を目指しています。

この他にも当事業本部では今後の新規ビジネス領域拡大に向け、グローバル展開を目指した海外インフラの整備事業やソーシャルメディアを利用した災害時の情報発信、ロボットとICTを駆使した建物の点検管理なども視野に入れてシステム開発を行っていきます。

センシングやネットワーク、画像圧縮・伝送、セキュリティ認証、安全な施工、さらなるエコロジーな技術など、より良い未来を見据えて社会に貢献できるのが社会システム事業本部です。

VISION

AIで安全安心な社会を作る

私たちのお客様は、市民のみなさまや社会インフラの利用者を、災害や事故などの様々な事象から守る使命を持っています。そのなかで近年特に重要になってきているのが、現場を見守るカメラ画像の有効活用です。このためには、画像の内容をコンピュータが瞬時に判断してお客様に内容を伝えることが必要です。
当事業本部では、AIによる画像認識プロジェクトを進めています。例えば、カメラに映っている自動車の車種名を自動認識するシステムがあります。これは社内のディープラーニングの技術と私たちの独自の技術を組み合わせることで、大量画像の高速学習を可能とし、お客様にご利用いただくことに成功しました。
また、道路で発生する渋滞や様々な事象を、カメラ画像から自動的に認識して瞬時にお客様にお伝えすることで、お客様が大量のカメラを見続ける必要なく、運用者の負荷を大幅に軽減するシステムにもAIを活用しています。これも研究所のAI技術に私たちの現場ノウハウを組み合わせることで初めて可能となりました。

さらに画像認識以外にも、チャットボット技術の業務活用、お客様データからのディープラーニングによる状況予測なども進めています。
私たちは、AI技術の活用により、お客様に新たな価値を提供し、社会に貢献していきます。

NEW TECHNOLOGY

最新技術を活用してみんなが安心してくらせる社会を

AI映像解析技術の向上により、膨大な監視カメラ映像から様々な事象の検出が可能となりました。私たちは更に次のステップとして、事象の発生を予測し、被害を未然に抑えることにもチャレンジしています。
例えば、現在の河川水位や降雨量など様々な情報を時系列データとして記録し、RNN(Recurrent Neural Network)やLSTM(Long Short Term Memory)などのAI技術を用いて解析することで、数時間後の河川水位の予測が可能となりつつあります。この予測情報により、河川が氾濫する前に適切な避難情報を提供することが可能となります。
また、不審者をいち早く検出するなど、人の様々な行動を認識するシステムにも取り組んでいます。ディープラーニングによって映像から人の行動を認識することが可能ですが、それには大量の学習用データ(教師データ)と学習時間が必要です。私たちは研究所と密接に連携し、独自技術(行動分析技術 Actlyzer)を採用することで、短期間(最短1日)で導入することを可能としました。これにより、より多くの地点の監視が可能となり、犯罪などを未然に防ぐことが可能となります。
私たちは国内外の研究所と密接に連携し、最新技術をいち早く製品として提供することで、安心してくらせる社会を目指しています。

VOICE

  • 名前:
    K.Nishiiri
    職種:
    ソリューション/サービスエンジニア
    入社年:
    2016年度入社

    企画・開発した防災システムが現場で役立つ喜びと、力を合わせて実現させる「モノ作り」のおもしろさ

    現在、ソリューション/サービスエンジニアとして防災システムの設計や構築に携わっています。このシステムは、災害が起きた際に現場情報をいち早く収集し、関連機関で共有したり、避難発令情報や避難所開設情報などを住民のみなさんに迅速に伝達したりする仕組みを担っています。主に危機管理・防災部門の方々がお使いになるシステムで、地震、台風、洪水、竜巻、津波、噴火、大型火災など、あらゆる災害に対応しています。危険度に応じてアラームを上げ、様々な意思決定の段階を支援する仕組みになっています。
    万一システムに不足や不具合が生じて避難発令が遅くなれば、人命に関わってきますので、責任は非常に大きなものがあります。危機管理士や防災士の資格を取得し、過去の災害や国の施策などを積極的に学び、さらにお客様と何度も会話を重ねることで、いざというときに必ず役に立つシステムになるよう力を入れています。様々な技術を駆使することで、災害から人の命を守る社会を実現していきたいと思っています。
    昨年、実証事業として、迅速かつ適切な意思決定を支援する新しい仕組みを構築し、実際にお客様に評価していただく事業に携わりました。お客様をはじめ、社内の様々な部署の方たちと協力しながらシステムを作る過程で、モノ作りのおもしろさを知りました。私たちが作ったシステムを実際にお客様に使っていただき、有用なご意見をたくさん頂戴したり、テレビなどの媒体で取り組みをご紹介いただいたりして、寄せられる期待の高さにやりがいも感じました。
    富士通で仕事をしていると、多様な分野との共創や、最新技術の可能性について考える機会が多くあります。若手であっても、自分のアイデアを発表する機会やそれを形にする機会にも恵まれます。こうしたチャンスに楽しさやおもしろさを感じられれば、大きなやりがいと活躍の場を得られるはずです。みなさんもぜひチャンスをつかんでください。

  • 名前:
    T.Nishi
    職種:
    施工管理
    入社年:
    2012年度入社

    やりがいと誇りを感じられる、国を災害から守る仕事

    国土交通省が発注する公共工事の施工管理をしています。関東地区の河川管理システムや農林水産省の農業用水管理システム工事、関西地区での国土交通省の防災システムの工事、グループ会社での海上保安庁や金融関連企業をお客様とする各種システムの工事などの経験を積み、現在は東北でダム関連工事の施工管理を担当しています。具体的には、富士通の様々な技術を駆使して、適切な水量を即座に放流したり止めたりする、ダムの監視システムの構築に携わっています。
    富士通を代表する現場代理人という責任ある立場で、お客様の満足するシステムを導入できるように、また、無事故で工事を終えられるように、作業計画の立案や安全管理、品質管理などの業務を行っています。施工という目に見える仕事ができること、しかも巨大建造物として地図に残る仕事ができることにやりがいを感じていますし、この仕事が国民を災害から守る重要な役割を果たしていることにも誇りを持っています。

  • 名前:
    H.Miyashita
    職種:
    品質保証
    入社年:
    2017年度入社

    国民の安全・安心を守る高品質な社会インフラシステムの提供

    当本部では社会的責任の大きい社会インフラのソリューションを提供しており、極めて高い信頼性が求められます。私は現在、国交省向けAIの評価に携わっています。
    品質保証はその名の通り、評価を通してお客様の求める”品質”を製品が満たしていることを”保証”する仕事になります。どんなに高い技術で出来たシステムでも、不具合やお客様のニーズと齟齬が有れば信頼の失墜に繋がり、システムによっては人命に直結する場合もあります。また、開発技術の進歩に応じて、従来のやり方だけでなく開発段階から「どのような評価をするか・どのような評価手法を用いるか」という創意工夫が求められます。社会インフラの品質を保証する者として大きなプレッシャーも感じますが、自信を持ってお客様の要求に応えられるシステムを提供できた時には大きな達成感・やりがい・誇りを感じる仕事です。
    新技術や新方式のシステム評価に伴い、新しい切り口での評価が求められています。私が担当している国交省向けAIの評価でも、自身のスキルを活かしてシステム細部にもフォーカスを当てた品質保証試験や試験拡幅の時間確保・効率化に向けた試験自動化を行っています。新しい切り口の発見には、今までの常識や経験に捉われない手法や取り組みへのチャレンジが重要になります。
    昨今の風土としては”若手だからこそ”重要なプロジェクトに起用されることも多く、声を上げる人にはより多くのチャンスが巡ってきます。品質保証部では本部で扱う全てのシステムに関わるチャンスがあります。私も様々なシステムを経験し、設計・開発部隊と一緒に1つのシステムを作り上げる度にモノ作りの醍醐味・面白さを感じ自分の成長を実感しました。
    自分のやりたいことを軸にチャンスを活かして色々なことにチャレンジしてください。