Mobilityソリューション事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア,データサイエンティスト,ビジネスプロデューサー
事業フィールド モビリティ,公共,産業,社会インフラ,自治体
キーワード #自動車 #Mobility #ビッグデータ #セキュリティ #AI #クラウド #DX #モダナイゼーション

ABOUT

Mobility Companyとして

自動車業界はデジタル化の流れを受けて、数年前より「100年に1度」と言われる大変革の時代に入っています。
「電動化」「自動化」「コネクテッド」などの技術が進化し、異業種も巻き込んだ新たな「モビリティ産業」として協調と競争のフェーズに入り、お客様自身が「モビリティカンパニー」へ変革しようとしています。
当社もこれまでの基幹システム領域における開発・運用・保守サービスに加え、新たなモビリティ産業を支えるため、技術を駆使したMobility Solutionをお客様に提供し、

Mobility Companyとして、自動車メーカーやユーザー企業のグローバルでの協業を進めています。

時代の変化に対して迅速に対応すべく、当社Mobilityソリューションを通じて「社会発展」と「社会的課題解決」の両立をDXで取り組む事に挑戦していきます。

VISION

Future Mobility Accelerator

FUJITSU Future Mobility Acceleratorは、未来視点でビジョンを描き、確実にお客様のビジネスを実現することで、Human CentricなMobilityの未来を作ります。
先進的なICT技術を常に生み出すと同時に、過去に培った他領域の技術をMobility用に進化させます。また、自動車メーカーに深く入り込んで技術を提供してきた経験を持ち、業界を超えたビジネスをグローバルにリードすることで、全てのMobility事業者とともに、人々の生活をよりよくするモビリティの未来を実現していきます。

JOB

  • ソリューション&サービスエンジニア

    自動車メーカやサプライヤの基幹システムやコネクティッド領域のクラウドシステムを企画・構想、要件定義、開発、提供を担うエンジニア

  • オファリング開発

    AIやビックデータ処理など社内外の先進技術を駆使して、お客様の抱える課題を解決するグローバルオファリングの企画・開発を担うエンジニア

  • ビジネスプロデューサー

    自動車メーカやサプライヤのお客様が抱える経営・事業の変革要求に対し、DX・IT両面での課題解決に向けたビジネスパートナー活動を実践

NEW TECHNOLOGY

コネクテッドカーを支える技術

2020年以降、コネクテッドカーは爆発的に増え続け、走るセンサーである車両から集まった画像やCAN(※1)データといった自動車ビッグデータは、自動車の開発のほか、交通監視や地図、保険といった様々なモビリティサービスへ活用の広がりを見せると期待されています。そうした中で、当社は、実世界で刻々と変化し続ける車両や道路などの情報を、デジタル世界上にリアルタイムに再現することをコンセプトにしたモビリティデジタルツインを提唱・推進しています。Collecting(データを集める)、Connecting(ネットワークにつなげる)、Utilizing(データを活用する)の3領域で独自のテクノロジーにより社会に貢献していきます。

※1 CAN:Controller Area Network。車載ネットワークの通信方式の一種で、主にダッシュボードのメーターやボディー制御、エンジン制御などのデータ送受信に使用

VOICE

  • 名前:
    S.Nakahashi
    職種:
    ビジネスプロデューサー(DXBC)
    入社年:
    2016年入社

    チャレンジングな環境で自分の価値を発揮

    ビジネスプロデューサーとして4年間、お客様に信頼のある、相談してもらえる存在になれるよう活動してきました。富士通の窓口という責任を持ち、お客様に真摯に細目に対応することを心がけてきました。現在はその経験を活かし、コンサルとしてお客様のパートナーとなり、DXを推進することを仕事にしております。
    今は、お客様に価値を提供できる存在になれるよう、日々勉強し、実践する毎日です。自分の考えをお客様にぶつけ、手ごたえがあったときは非常に嬉しくなります。また、Mobilityという日本を代表する産業がお客様なので、日本や世界が抱えている社会問題に対し取り組むことができ、自分の仕事が遠からず社会や人のためになると思うと、明日も頑張ろう!と思えます。
    本部としても毎年新しい取り組みがどんどん生まれているので、非常に刺激的でチャレンジングな環境です。私も若手同士でお客様のDXについて検討する部横断のワーキング活動に参加しています。その活動の中では、通常の営業活動とは違った観点でお客様にアプローチしてみたり、研修を実施したり、若手同士で考えながら活動をしています。このように、自己成長できる環境も揃っていると思います。

  • 名前:
    T.Yamada
    職種:
    ソリューション・サービスエンジニア
    入社年:
    2017年入社

    お客様と二人三脚で大規模システムのDX化を牽引

    これまで大手自動車メーカーの販売領域を中心に、販売店スタッフの方々の業務を下支えするシステムの設計・開発を行ってきました。全国に5,000以上ある店舗の業務全体を支えているシステムであるため、規模の大きさや、関係者の多さに日々責任感とやりがいを感じています。
    こういった業務の傍ら、未来のビジネスを考え、販売店の新しい働き方創出やUXを向上させるためのデータ活用、クラウド活用、アジャイル開発等、DXを推進するための活動もお客様と二人三脚で行っています。
    日々、新しい技術やトレンドなサービスを積極的に活用しながら、お客様にとって本当に価値あるものを模索し、形にしていく過程にこの仕事の魅力を感じています。
    コロナ禍においても社内制度やテレワーク環境の整備が迅速に行われ、現在はほぼ毎日在宅業務でお客様ともオンラインで仕事をしています。平日もプライベートな時間が増えており、柔軟な働き方ができる面でも満足しています。