流通システム事業本部

職種 サプライチェーンマネジメント,ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア,プロダクト企画
事業フィールド 流通・小売,空港,通信・メディア,鉄道,食・農業
テクノロジー AI 5G IoT デジタルアニーラ ビッグデータ ブロックチェーン アジャイル SaaS
キーワード #食品メーカー #総合商社 #ロジスティクス #航空・旅行 #ゲーム #音楽 #イベント #スポーツ #広告 #ヘルスケア #不動産

ABOUT

日本の生活基盤を支える流通ネットワークが私たちのお客様

私たち流通システム事業本部のお客様は日本の生活基盤を支える流通ネットワークそのものです。首都圏だけでなく日本全国に拠点を構え、生活者中心の製造・卸、総合商社、物流、交通、ヘルスケア、不動産、エンタメなど様々な業態を取り扱っています。

日本の生活基盤を担っているシステムを支えていくのは、本当にやりがいがあり、ワクワク感に満ち溢れています。

是非私たちといっしょに、これからのビジネスを創っていきませんか?

CO-CREATION

富士通が取り組む食品卸共通プラットフォーム構想

近年の食品流通業界は、食の安心・安全、食品廃棄ロス、物流費高騰、ドライバー不足、環境問題など、多くの課題を抱えており、早期対応を迫られています。したがって、製造・卸売・小売のサプライチェーンにおける事業者間のムリ・ムダ・ムラを効率化する事が重要です。サプライチェーン全体の課題を富士通が解決します。

 

VOICE1

お仕事体験談 ~"トンタントン“の意味を探して~

K.Ebina

2018年度入社 商学部卒
流通システム事業本部
第二システム事業部
 
 

これまで食品卸や食品メーカーを中心にフィールドSEとして活動し、設計・開発・保守までを担当してきました。
学生時代からガジェットなどの新しい物に興味があり、現在富士通ではお客様とより良いソリューションについて検討しながら新しい技術、言語、開発手法に日々挑戦できる事にやりがいを感じています。

 

とある食品卸業者様にて、新システムの開発を富士通が担当させていただくことになりました。
お客様は国内最大級の食品卸業者であり、市場においていわゆる ”セリ” を主催する立場にあります。そのため、現在稼働中のシステムは1分1秒を争う入力に使用されており、速度や正確性に関して非常にこだわりを持たれているお客様でした。
ある日、お客様よりこんな言葉を頂きました。

前はもっと “トンタントン” って感じだったのになぁ…。
最初はどういう意味か分かりませんでした。それからは、隙間の時間を見つけては現場のユーザーの作業風景を見学させて頂いたり、お客様先で作業をする際には食堂でお客様と昼食をご一緒したり…とにかくお客様と会話をして、「現行のシステムの良いところは?」「新システムの何が使いづらいか?」といった素直な感想をお聞きしました。
そうした会話の積み重ねで、 “トンタントン” とはシステムでの入力手順や、入力スピードの事を指していること、新システムで入力手順が1つ増えたことによってそのリズムが再現できなくなってしまったことが判明しました。
以降もお客様と操作性に関するヒアリングを重ねる事で、1分1秒を争う現場での用途に耐えることのできるシステムを開発し、お客様からも高い評価を頂きました。

 

富士通では徹底的にお客様に寄り添う姿勢によって、若い年次から開発の中心で良いシステムを追求する事ができます。富士通ではこれを「お客様起点」と呼び、ビジネスプロデューサー・ソリューション&サービスエンジニアを問わずに大事にしています。
お客様の隠れたニーズを引き出し、システムのプロとして機能でそれを実現する。そんな仕事に興味がある方と、富士通で一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

VOICE2

富士通で実現する自分の「夢」

画像クリックで大きくなります。

A.Sawada
2018年入社 工学府物質創造工学専攻卒
流通システム事業本部
第七システム事業部 スポーツチーム
 
 

画像クリックで大きくなります。

みなさんの『夢』は何ですか?」
富士通には自分の夢や想いを実現する環境があります。
幼いころに描いたプロサッカー選手になる夢。惜しくも叶えることはできませんでした。それでももう一度、スポーツ業界に挑戦したい・日本サッカーの発展に貢献したいと「スポーツ×DX」を軸に富士通へ入社しました。
 
現在はプロジェクトリーダーとしてスポーツ団体向けの競技者・チーム管理システムの開発・保守を担当し、日本のスポーツを世界一にするためのサポートをしています。好きなこと、そして、夢に向かって生きていけるこの環境は私にとってこれ以上ない幸せです。
富士通のソリューション&サービスエンジニアはお客様とともに新たな価値を探し続けカタチにする、まさにお客様のチームメイトのような存在です。そのためには、お客様を巻き込むコミュニケーション能力、目覚ましいスピードで変化するこの時代に適応する力が求められます。富士通は単なるモノづくり屋ではありません。お客様とチームを組んで新たなビジネスや価値を共創する役割を担っているのです。
富士通にはキャリア成長に向けた様々な取り組みがあります。入社して2年間は先輩社員が1人ひとりに付き、システムエンジニアの基礎を学びます。また、月に1回上司と1 on 1でミーティングを行い、今後のキャリアプランを形成します。現在は、チームリーダーとして責任を持って日々チャレンジしています。
 
仕事に取り組む一方で家庭を疎かにはできません。来年度より1年間の育休取得を予定しています。1年間の育休取得に対して、「そんなに現場から離れていて復帰できるのか」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、富士通には私の意思や想いを理解してくれる上司や同僚がいます。そしてテレワーク制度やフレックスタイム制度など復帰後も安心して業務と家庭を両立できる環境があります。
 
制度面も充実している富士通ですが、1番の魅力は「夢」や「想い」を実現できるところです。ぜひ、皆さんも富士通で自分の夢に向かってチャレンジしませんか?

FUTURE

富士通が考える未来のロジスティクス

画像クリックで大きくなります。

近年、通販事業(EC事業)の拡大や、人口減少に伴う労働力不足に伴い、流通業はいわゆる「物流クライシス」に直面しています。社会全体が大きな変革期を迎え、SDGsに取り組む企業も増える中、当社においてもサステイナブルな社会に向けた新たなビジネスの創出が不可欠になっている状況といえます。

 

私たちは、来たるべくフィジカルインターネット(インターネットの如く最適にモノを運ぶ物流の仕組み)の世界を見据えたサービスの提供を推進していきます。これらのニーズに向けて、データDriven型のアプローチ、当社の量子コンピューティング技術「デジタルアニーラ」やAI/IoTを用いた最新技術を駆使して、お客様と協創しながらDXを実現する業務を行っていきます。

 

社会的にも注目されている領域であり、他社に先駆けて、世の中のロジスティクスをリードする先進的な取り組みを行っている為、非常にやりがいがある業務内容となっています。

次世代ロジスティクスの世界を一緒に作っていきましょう!