ITMS事業本部

職種 ソリューション&サービスエンジニア,ビジネスプロデューサー
事業フィールド モビリティ,公共,医療・ヘルスケア,文教,流通・小売,産業,社会インフラ,空港,通信・メディア,金融,防災,食・農業
テクノロジー AI IoT クラウド AR/VR RPA
キーワード #コンサルティング #パートナーシップ #デジタル #戦略 #経営

ABOUT

お客様のICT部門変革を通じて、ICT/デジタル技術を駆使した企業の経営革新に貢献する

近年、企業活動においてICTが活用される範囲や用途は大きく変化しており、それに伴い経営からICT部門に対する期待もまた高度化・複雑化しています。ITMS事業本部では、こうしたICT部門への期待の変化を踏まえ、お客様のICT部門/ICT子会社を変革するビジネスを行っています。近年は特に、企業のDXニーズに対応すべく、ICT部門の技術力強化や事業変革/業務改革支援など、更なる付加価値向上に取り組んでいます。

当本部では、お客様のICT部門が抱える課題の本質を見抜き、自らが変革を計画・実行していく中で、コンサルティングのスキルを強化することができます。また、ICT部門/ICT子会社の運営を通じて、組織運営や企業経営全般(経理・財務、人事、法務など)のスキルを身に付けることができます。「DXによるお客様事業への貢献」「組織変革コンサルティング」「企業経営・組織運営」といった、難易度の高いミッションに積極的にチャレンジしたい方には最適な職場です。

VISION

ITMSで、お客様企業のデジタルビジネスを加速し、お客様のDX実現に貢献

AIやIoTなどのデジタル技術の進展と普及に伴い、お客様企業においては、他社に先駆けてデジタル技術を用いた事業変革(DX)を実現することが、非常に重要な経営課題となっています。
DXを牽引できる人材、いわゆる「DX人材」は、販売、物流、会計などの業務知識やICTスキルのみならず、新たなビジネスモデルを設計する力や、関係者を巻き込んで協業関係(エコシステム)を構築する交渉力・コミュニケーション力なども必要です。ITMS事業本部では、富士通のデジタルビジネス推進ノウハウを基に、事業変革を起こせるお客様人材の育成に取り組んでいます。また、ITMS事業本部のスタッフ自身が、どのような技術やサービスがお客様にとってビジネス変革の起爆剤になるのか、常に目利き力を養っています。さらに、ITMS事業を通じたお客様との関係性を活かして、お客様と協同で新たなデジタルビジネスの創出に取り組んでいます。

NEW TECHNOLOGY

AIとIoTなどのテクノロジーを活用し、お客様企業の効率化や生産性向上に貢献

ITMS事業本部では、AIやIoTのテクノロジーそのものについての追求は行っていません。むしろ富士通をはじめ、世の中の最新技術をキャッチアップし、お客様企業の業務課題の解決や事業革新にどのように適用できるかを考え続け、その実現に向けた実証実験と本格活用に取り組んでいます。
例えば、古河電気工業株式会社(古河電工)様とのパートナーシップでは、ICT子会社の事業運営を富士通がお引き受けし、FITEC株式会社(富士通51%出資/古河電工49%出資の合弁会社)を設立しました。FITECでは、古河電工様の業務現場の観察と、お客様との緊密なコミュニケーションを通して、銅箔生産現場における品質向上のニーズを汲み取り、IoTやAI、画像処理技術などを活用することで、製品の検査工程の自動化と精度向上を実現しました。これまで検査業務はベテランのノウハウに依存していましたが、これをテクノロジーによって変革しています。

VOICE:2018年入社 セールス&マーケティング L.Zhang

自分の企画を最後まで実践できることが、自分自身の成長とやりがいにつながっています

日系コンサルティング会社を経験し、中途入社しました。契約交渉からICT子会社運営までに参画しています。その中で、コンサルタントとしての経験を生かしながら、先輩から最新のIT技術など他分野の知恵・知識を学ぶことで、自分の成長を実感しつつ、より高い価値をお客様に提供できていると感じています。
ITMS事業本部では、課題解決に必要なことを自ら考えて、自ら動くことが求められます。そのため、何を課題にするか、どう進めていくかは、自分の裁量に任されているので、非常にやりがいがある仕事だと思います。もちろん、「自由」があると同時に「責任」を持って、課題解決に向かって粘り強く取り組む必要がありますが、様々な障壁を乗り越え、目標に向かって最後までやり抜くことで、仕事の醍醐味を味わえます。
新卒社員の方でも、仕事を通じて、幅広い分野の知識を身につけることができると思いますし、「やりがい」を感じてもらえると思います。