第二産業システム事業本部

職種 ソリューション&サービスエンジニア
事業フィールド 産業
テクノロジー コンサルティング UXデザイン システムインテグレーション デジタル技術(AI、IoT、ARなど) ビッグデータ(データ活用)
キーワード #製造業・建設業 #コンサルティング #システムインテグレーション #ソリューション・サービス #グローバル

ABOUT

製造業・建設業のお客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)に貢献

2018年、経済産業省の『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』が、発表されました。同レポートでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みの重要性に言及し、もしDXが進まなければ「2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と警告しています。第二産業システム事業本部は、製造業・建設業のお客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)を、先進のデジタルテクノロジーとビジネスナレッジでつなぎ、ベストプラクティスを提供し続けることで、実現します。

VISION

デジタルテクノロジーとビジネスナレッジをつなぎ、ベストプラクティスを提供

製造業・建設業のお客様に対し、先進のデジタルテクノロジーとビジネスナレッジをつなぎ、お客様のDX実現のためにベストプラクティスを提供し続けます。
(1)お客様の変化に迅速に対応できるシステムインテグレーション(SI)・ソリューション・サービスを提供します。
(2)商談から運用まで「品質」に徹底的にこだわります。
(3)プロジェクトマネジメント・業務コンサル・デジタル人材の育成により、継続的な成長を目指します。

NEW TECHNOLOGY

先進のデジタルテクノロジーとビジネスナレッジをつなぎ、お客様のDXを実現

1)コンサルティング
お客様のビジネスを変革するシステムの企画、構想を行います。お客様の業務を分析する力や要求を分析する力が必要です。
2)UXデザイン
利用者の『見えないニーズ』を形にし、システムのデザイン品質を向上させる技術です。
3)システムインテグレーション
最適なソリューションを適用し、システムの設計・開発・試験(テスト)を行い、導入します。
4)デジタル技術
AI・IoT・ARなど、先進のデジタルテクノロジーを活用し、システムを構築します。
5)ビッグデータ活用
大量に発生するデータを蓄積し、様々な分析技術を利用し、お客様のビジネスを変革します。

MAIN BUSINESS

SI(システムインテグレーション)・ソリューション・サービスが主な業務

■SI(システムインテグレーション)

研究開発、生産、物流、販売、アフターサービスなど、製造業の企業活動を支える重要なシステムを構築します。お客様の業種・業務ノウハウを活かしてお客様の課題とニーズを抽出し、最適なソリューションを適用し、システムの設計・開発・試験(テスト)を行い、システムを導入します。お客様の課題とニーズの抽出では、要求分析技術や業務分析技術、システム設計から導入では、設計・開発技術が高く求められます。また、プロジェクト推進に当たっては、プロジェクトをまとめ、お客様が求めるQCDでシステムを提供するマネジメント力が必要です。最近では、IoTやAIなど、先進技術を活用したシステム構築が拡大してきています。新たな開発技術も必要になってきており、技術習得、人材育成に日々取り組んでいます。

 

■サービス

お客様にシステムを提供した後、システムの運用/保守サービスを行っています。お客様の業務の変化に対応しシステムの改修を行うAPMサービス、お客様の業務を代行するBPOサービス、お客様のシステム運用に係わる業務を代行するアウトソーシングサービス、アプリケーションをサービスとして提供するSaaSサービスなど、様々な形態でのサービスを行っています。このサービス業務では、お客様の業務ノウハウが一層要求され、高いサービス品質が求められます。日々のサービスプロセス改善のPDCAが大変重要になって来ます。

 

■ソリューション

各業種のお客様向けに、業種・業務ノウハウを凝縮した多様なソリューションを企画、開発をしています。また他が開発したソリューションを含め、お客様に適合するようにカスタマイズを加え、お客様に導入しています。また、ソリューションを海外拠点のSEと連携し、海外に導入するグローバルビジネスに取り組んでいます。

HUMAN RESOURCES

求められるのは、ものづくりに興味があり、果敢にチャレンジする人材

ものづくりに興味があり、高度な技術力を常に追求することにより、製造業・建設業のお客様に向けて、ビジネス提案やシステム構築、ソリューション、サービスを提供していくことができる人材を求めています。

 

■お客様を理解して提案
・社内外の人脈を形成します。
・業界動向を継続的に把握します。
・お客様が挑戦する経営課題やビジネス構造を把握します。
・お客様の業務を理解します。
・お客様の要望/ニーズを分析し、付加価値提案を行います。

 

■技術動向を把握
・最新技術を継続的に把握し、習得します(SAP、デジタル(AI・IoTなど)、データ活用 など)。
・提案活動・システム構築に活かします(開発技術、業務コンサル、プロジェクト推進技術 など)。

HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT

人材育成における2つの基本方針

■富士通グループ各社が一体となり、製造業・建設業のビジネス拡大に向けた人材強化を図ります(=強い個をつくる)
・個人のキャリアパスを明確にし、計画的にステップアップを図ります。
(富士通グループ共通のキャリアフレームワークを活用)
・個人のビジネス推進力向上のため、資格取得、技術獲得を積極的に推進します。
(外部資格取得の推進 ⇒ SAPビジネス、他部門連携 ⇒ デジタルビジネス)
・個人のスキルアップを図るために、社内外の研修などの受講を推進します。

 

■グローバルにビジネスが推進できる人材育成を目指します
・グローバルビジネスの基礎となる語学力の向上を推進します。
・グローバルビジネス推進のための個人の経験値を向上します。
(海外ビジネス実践、海外研修受講)

MORE INFORMATION

テクノロジーの関連記事を見る