第二流通システム事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア,プロダクト企画
事業フィールド 公共,流通,空港,鉄道,食・農業
キーワード #流通 #食品 #商社 #卸売業 #物流

ABOUT

日本の生活基盤を支える流通ネットワークが私たちのお客様

私たち第二流通システム事業本部のお客様は日本の生活基盤を支える流通ネットワークそのものです。首都圏だけでなく関西、東海、北海道など全国に拠点を構え、食を中心に製造、卸、総合商社、物流、地域交通など様々な業態を取り扱っております。

食品卸業界では従来のシステムに加えて、AI、IoTなどの先進技術を用いたシステム化ニーズが高く、業界の再編が進んだことにより、政府主導の卸コンソーシアムなど、業界全体でIoT技術を用いた効率化を推進しています。近年、少子高齢化のため労働人口が減少し、物流コストが高騰するなか、私たちは物流ネットワークそのものを見直すコンサルティングサービスの提供や、IoT技術を適用した物流ネットワークの再配置、最適な在庫配置などのソリューションの提供を行っています。

また、お客様の海外進出に伴いシステムの海外展開についても積極的に推進しています。

VISION

自立したエンジニア育成に向けた取り組みを積極的に推進

近年のデジタルビジネスの潮流を受け、お客様のICTに対するニーズも業務効率化から価値創造ビジネスへとシフトし、ベンダーには新ビジネスをともに創造するパートナーとしての期待が高まっています。こうした背景から、エンジニア1人ひとりが自発的・自律的にお客様に高い価値提供ができるよう、マインドの醸成やビジネススタイルの変革を促すプログラムやワークショップを実施しています。今後もこうした活動に積極的に取り組み、個々のスキルアップを図るとともに、人と社会へ価値ある提案を積み重ねてICTで輝く未来を創っていきます。

CO-CREATION

富士通が取り組む食品卸共通プラットフォーム構想

近年の食品流通業界は、食の安心・安全、食品廃棄ロス、物流費高騰、ドライバー不足、環境問題など、多くの課題を抱えており、早期対応を迫られています。ついては、製造・卸売・小売のサプライチェーンにおける事業者間のムリ・ムダ・ムラを効率化する事が重要です。中間流通業である卸売業が中心となって、共同・協業化することで、商流・物流の効率化を図る必要があります。そのため、食品卸売業界のお客様においてサポートシェアが高く、業界業種のノウハウに強みを持つ富士通が、外部業界団体である(一般社団法人)日本加工食品卸協会様と連携して、食品卸共通プラットフォームを構築します。

FUTURE

富士通が考える未来のロジスティクス

近年の物流領域ではEC業界の台頭により貨物の小口化、労働人口減少による物流コストの高騰が顕著です。お客様のニーズとしては今まで人が判断してきた作業を先進のAI・IoT技術で代替する傾向にあります。例えば物流センターでも積み下ろし時間をスマートフォンを利用し予約・整理することにより、近隣の渋滞を改善したり、AIを活用して効率的に作業員のシフト計画を立案するなどのサービスを提供しています。私たちはお客様の物流改革の取り組みに対して、先進のAI/IoTの提供だけでなく、コンサルティングサービスを提供することにより満足度の高い評価を得ています。また、国家プロジェクトについても経済産業省、国土交通省のプロジェクトに対し重要な役割で参画しております。