フォトニクスシステム事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア,ハードウェア開発,プロダクト企画
事業フィールド 社会インフラ,通信・メディア
キーワード #ネットワーク #光通信 #5G #DCI

ABOUT

高速光信号処理技術や光波長スイッチ、最先端のICT技術採用などにより、より高度なネットワーク社会の実現に貢献

ネットワークサービスの飛躍的な進展によりネットワークの大容量化、高速化ニーズが急速に高まっており、フォトニクスシステム事業本部は次世代ネットワークSDNに対応した「光波長多重装置」や「複合型光伝送装置」を主要製品とし、さらにお客様に必要な機能をタイムリーに提供するため、従来の通信システムを機能コンポーネントに分解した光通信システム(1FINITYシリーズ)を開発して、グローバルに提供しています。デジタルトランスフォーメーションの実現には、高度化されたネットワークによるコネクティビティが重要となっており、その実現に向けてSDNやネットワークの仮想化といった技術をネットワークソフトウェア「Virtuora」で世界中のお客様に提供しています。今後も独自に開発を進めてきた高速光信号処理技術や光波長スイッチ、光クロスコネクト技術などを駆使し、さらにはオープンな技術や最先端のICT技術の採用により、より高度なネットワーク社会の実現に貢献していきます。

VISION

最新の先進技術を駆使して柔軟なネットワーク構築に貢献

通信事業者の環境変化、ブロードバンドとモバイル、さらに放送などのサービスの融合によって、基盤ネットワークのトラフィック量は拡大し続けています。その結果、インフラ設備の拡大、サーバやPC、モバイル機器の利用増大により、環境負荷の増大が予想されています。フォトニクスシステム事業本部では、装置の省電力化に注力するとともに、環境負荷の低減に積極的に取り組んでいます。また、トラフィックが拡大するなかで私たちはグローバルな活動を通して、ネットワークを運用する事業者に技術的支援を継続的に行っています。これからも、次世代通信ネットワークの担い手として、社会インフラ構築に貢献するため、積極的に先進技術を追求し、より早くお客様に提供していきます。

NEW TECHNOLOGY

業界トップクラスの光トランスポート装置

DX(デジタルトランスフォーメーション)を支えるIoT(Internet of Things)、5G(5th Generation)といったネットワークトラフィックの急増に伴い、当本部ではデジタルコヒーレント技術を用いた光トランスポート装置の企画・開発・提供を行っています。2019年から一波長あたり600Gbpsの業界トップクラスの製品を出荷しています。この装置は波長多重により光ファイバーあたり76.8Tbpsの大容量伝送を達成し、急増する情報通信基盤を支えます。さらに次世代装置として一波長あたり1Tbpsの光トランスポート装置を開発しています。高度なデジタルコヒーレント技術により大容量化された位相変調の最適化や、信号速度上昇に伴う伝送路上の非線形効果の歪みを補正する技術、低消費電力での誤り訂正技術の開発などを様々な団体・企業と進めています。