ネットワークソリューション事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア,プロダクト企画
事業フィールド 社会インフラ,通信・メディア
キーワード #ネットワーク #5G #IoT #クラウドサービス #通信キャリア

ABOUT

お客様の大規模なネットワークの垂直統合を推進するテクノロジーリーダー

ネットワークソリューション事業本部は、通信事業者や大規模ネットワークを持つ事業者や企業を主なお客様とし、ネットワークの設計・構築・保守やネットワークセキュリティ、コンテンツ配信などのサービス基盤、ネットワークやサービスの運用管理などを主なビジネス領域としています。

最近では、自動車や家電など様々なモノがネットにつながり、やりとりされるデータ量が膨大になってきています。このような時にもお客様にストレスを与えない通信環境を提供するため、ユーザー端末からサービスまでを垂直統合し、やりとりされるデータに優先順位をつけて通信速度をコントロールすることが必要となります。我々は、こうしたネットワークの垂直統合を推進するテクノロジーリーダーとしての役割を担っています。

また、これらのビジネスを行う上で、OSS(Open Source Software)やクラウドなど、世の中の最新技術を取り入れた開発を進めており、来る5Gやデジタルトランスフォーメーションの時代に提供される様々なサービスに対して、通信・ネットワークを起点とした価値を提供し、社会全体を支え、変えていく役割についても担っています。

VISION

新たな付加価値を創造するシステムをトータルで提供

私たちが目指す理想の姿は、「安心安全なネットワーク社会の実現に向けて、富士通グループの総合力を活かし、ネットワークとサービス基盤の活用によって新たな付加価値を創造するシステムをトータルで提供する“プロ技術を備えたビジネス集団”」となることです。それには、これまでの取り組みに加え、オープンイノベーションを起こせる組織への変革が必要であると考えています。そのために、次の3点を重視して取り組んでいます。

 

1)お客様の事業とそのネットワークをより深く理解するよう努め、富士通の持つ技術力と総合力を最大限に活かして、新たなビジネスや価値を「共創」するWin-Winの関係を築く。

2)「もの」から「こと」へと発想の転換を図り、お客様のニーズを「自分のこと」として「自分で」考え、スピード感を持って業務を推進する。

3)海外の事業者にも積極的に発信し、これまで以上にグローバルなビジネスを展開する。

 

これらを確実に実践し、全員が同じ目標に向かって進むことで、他社を圧倒的に凌駕する大規模かつ高信頼性システムの構築力やプロジェクト管理力を身に付けるとともに、システムをトータルで提供する技術力と組織力でお客様を支援していきます。

NEW TECHNOLOGY

ネットワークをオーケストレーションするVirtuora SA powered by UBiqube

5G時代に向けて、ネットワークを利用するサービスは、VR/AR、遠隔医療、eSportsなど、多様に広がっていきます。そのような環境においては、サービス側からの要求に基づいた、最適なネットワークリソースの配備がタイムリーに必要となります。

Virtuora SA powered by UBiqube(以下Virtuora SA ※1)は、ネットワーク全体のオーケストレーターとして、サービスに必要とされるリソースをダイナミックに割り当てます。世の中では、デジタルツインと呼ばれるフィジカル空間のサイバー空間への反映が重要とされてきていますが、それはネットワークの世界でも同じです。

Virtuora SAは、ネットワークオーケストレーターとして、様々なネットワーク機器から構成されるフィジカルネットワークを抽象的にモデル化し、サイバー空間上からのネットワークの制御を容易に実現します。

※1 Virtuora SA:UBiqube社のソフトウェアを富士通がソリューションパッケージ化した製品です

INNER COMMUINICATION

本部長との車座ミーティングにより、内部コミュニケーションを活性化

ネットワークソリューション事業本部では若手との対話に力を入れており、本部長との車座ミーティングを定期的に開催しています。本部長との対話を通じて本部ビジョンの理解を深めるとともに業務内容や目指したいキャリアを若手社員同士で共有したり、最新技術に触れ、その活用についても議論をしています。このような取り組みによって組織内の風通しを良くするだけでなく、組織活性化につなげています。