プラットフォーム開発本部

職種 ハードウェア開発
事業フィールド 文教,産業,社会インフラ
テクノロジー HPC AI サーバ
キーワード #プロセッサ #スパコン #半導体テクノロジー #冷却 #構造設計 #電源 #回路 #高速伝送 #CAD

ABOUT

高性能CPUとそれを支えるテクノロジーの開発

プラットフォーム開発本部は、スパコンをはじめとした高性能サーバ向けCPUの開発を行っています。私たちのチームは、約400名のエンジニアからなり、日々、CPUのアーキテクチャ、回路技術、半導体テクノロジー、冷却、パッケージ、実装に至るまで、さまざまな最先端技術を駆使して開発を進めています。メンバーの出身は情報、電気、数理、機械はもちろん、物理、宇宙専攻と多岐にわたっています。

現在私たちは、世界最大級のスーパーコンピュータ「富岳」の開発と構築を進めています。また、「富岳」のテクノロジーを活用したスパコンPRIMEHPC FX1000、FX700の開発と出荷も開始しました。そして、これからもさらに広い分野で性能を発揮できるCPUと、それを実現するテクノロジーの開発に果敢に取り組んでいきます。(写真はA64FX完成の時の集合写真)

 

 

VISION

先端テクノロジーで社会に貢献する

私たちは、「京」、「富岳」と日本のフラッグシップスパコンを開発してきました。「京」は学術情報ネットワークSINETに加わり最先端の学術研究を支えました。現在構築中の「富岳」は汎用スパコンとして、科学技術分野はもちろん、産業界を含めた様々な分野においても成果創出に貢献することを目指しており、Society5.0実現のための基盤としても整備・活用が考えられています。

私たちは、高性能CPUの設計技術、高速伝送技術、高効率冷却技術、高効率電源技術、高密度実装技術など、高性能コンピュータを実現する上で重要となる技術を磨き、それを製品として具現化することで、科学技術の進歩とデジタル革新を加速させ、安心、安全な社会の実現への貢献を目指します。 

NEW TECHNOLOGY

A64FX prototypeが省エネ世界一を獲得

スーパーコンピュータ「富岳」のプロトタイプシステムA64FX prototypeが、スパコンの省エネ性能を競うGreen500において、2019年11月に、世界一を獲得しました。

A64FX prototypeは富岳の出荷に先立ち、富士通沼津工場に設置したシステムで、768個のA64FX CPUから構成されています。A64FX CPUは、最先端の半導体プロセスを採用し、高性能メモリHBM2をCPUパッケージ内に搭載するなどして、スパコンに必要な機能をほぼ全て搭載したCPUです。私たちのチームが培ったCPU設計技術、高効率な冷却/電源技術などによって、高い計算性能を低い消費電力で達成したことが、16.876 GFLOPS/Wという記録につながりました。

A64FX CPUは、人工知能(AI)向けの計算性能も強化しており、AI分野への活用にも取り組んでいます。