Data×AI事業本部

職種 ソフトウェア開発,ソリューション&サービスエンジニア
事業フィールド 全業種
テクノロジー AI(人工知能) DeepLearning(ディープラーニング) TDA(トポロジカルデータアナリシス) データサイエンティスト デジタルアニーラ(DA) 機械学習 データアナリティクス 量子コンピューティング
キーワード #AI #データサイエンティスト #デジタルアニーラ #人工知能 #TDA #DeepLearning #グローバル #データ活用 #デジタルトランスフォーメーション #Data×AI #データアナリティクス

ABOUT

データとAIの活用でデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を加速する「Data×AI」

Data×AI事業本部は、ビジネス革新に取り組んでいる企業に対し、データとAIを融合的に活用しながら、目的/課題明確化から業務定着化までを一気通貫で支援するビジネスを展開し、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に取り組んでいます。我々の本部は、グローバルにビジネスを開発する企画部門、データ分析、AIサービス開発を行う事業部門からなり、世界中の様々な研究機関や企業と連携して事業展開しています。また、DXの実現には、既存事業の変革、新規事業の創出などお客様経営や事業に深く関わる事も多く、最先端の技術開発のみならず、DX推進に向けたファシリテーションやコンサルテーションをパートナー企業などと協業し取り組んでいます。お客様のDXを加速するため、データやAI、様々な技術を手段として捉え、プロセスと合わせて、ソリューションやシステムインテグレーションに適用可能なサービス・製品・先端技術をフレームワークとして提供しています。

VISION

人を中心にしたトラステッドなより良い未来の創造をデザインする「Data×AI」

グローバルにデジタルネイティブ企業が台頭し、医療や金融、交通といった様々なフィールドで新たなデジタル革新の世界が現れ始めています。多くの企業が革新的なイノベーションをもたらすため、DXの実現に向けて動き出しています。また、データは「次世代の石油」と例えられるように、これからのビジネスを動かし、利益を生み出していく源泉とも言われ、DXを推進する原動力となっています。しかし、実際に活用できているデータは限定的であり、ほとんどのデータは宝の山に埋もれたまま活用されていないのが実情です。富士通は、データとAIを融合的に活用しながら、目的に合ったDXをより効率的に実践するためのプロセスおよびフレームワーク「Design the Trusted Future by Data×AI(以下Data×AI)」を策定し、データアナリティクス、AIサービス(Zinrai)、デジタルアニーラ、という3つの柱でお客様のDX実現を上流から支援します。私たちは、Data×AIにより、人を中心にしたトラステッドなより良い未来の創造をデザインし、お客様のDX実現を通して社会のデジタル革新に貢献し、グローバルにおける社会課題解決を目指します。

NEW TECHNOLOGY

「Data×AI」による価値創出を可能とする技術

急成長のAI、量子コンピューティング市場に対し、富士通の様々な部門と連携し、データアナリティクス、AIサービス(Zinrai)、デジタルアニーラという3つの領域でシナジーを徹底追求し、プラットフォームからサービスまで提供しています。具体的にデータアナリティクスについては、トポロジカルデータ解析やWide Learningといった富士通研究所が開発した最先端の技術から、OSS化された機械学習技術までを活用、お客様の目的とデータの特性に合わせて最適な技術の組み合わせをソリューションとしてコンサルテーションしています。AIサービスについては、3,000件以上の商談を基に業務のAI化知見を技術・業種で分類・分析し、お客様課題の解決および新たな価値を創出する様々なAIソリューションを提供しています。デジタルアニーラについてはあらゆる業種において、本業に直結する組み合わせ問題解決への知見を共創し、グローバルに展開しています。

TOPIC

これまでの不可能を可能にする「デジタルアニーラ」

コンピュータはどんな問題でも解けると思われていますが、制約があって解けない問題もあります。その1つが「組合せ最適化問題」です。代表的な例では「巡回セールスマン問題」が知られています。組み合わせ要素である巡回都市数が増えると計算量が指数関数的に増大し、計算することは現実的に不可能でした。この「組合せ最適化問題」を瞬時に解くことを可能にしたのが、富士通独自の新アーキテクチャー「デジタルアニーラ」です。デジタルアニーラは、「組合せ最適化問題」を、イジングモデルという統計力学のモデルを使い、それを、焼きなましのように環境条件を徐々に変えていくアニーリング手法により解を得ることができます。富士通の「デジタルアニーラ」は、扱いが難しい量子現象を利用した量子コンピュータではなく、従来のデジタル回路技術で処理できることが大きな特長です。つまり、量子コンピュータの実用化を待たずに「組合せ最適化問題」を解くことができる、現時点で最も理想的な方法といえます。この「デジタルアニーラ」の活用をさらに加速するため、富士通は量子コンピュータ向けソフトウェアを商品化している1QBit社(カナダ)と戦略的パートナーシップを結び、また、トロント大学(カナダ)、早稲田大学との共同研究拠点を開設し、研究・開発に取り組んでいます。