第一ヘルスケアソリューション事業本部 第二ヘルスケアソリューション事業本部

職種 ソリューション&サービスエンジニア
事業フィールド 医療・ヘルスケア
キーワード #大規模病院/中堅規模病院/診療所 #パッケージビジネス #成長型電子カルテシステム #地域医療ネットワーク #先進医療 #健診 #介護

ABOUT

富士通の電子カルテシステムは大規模病院向けでトップシェアの実績

富士通の電子カルテシステムは、ノンカスタマイズでレベルアップする成長型のパッケージ製品として大規模病院向けでトップシェアの実績があります。医療現場の多様な運用やニーズを集約し、製品に反映させる仕掛けとしてのユーザー会(利用の達人)の運営など先進的なパッケージビジネスのノウハウを構築してきました。中堅規模病院や診療所向けの電子カルテシステムでは、そのノウハウをパッケージに反映して導入時の課題をクリアしスムーズな運用を可能にしています。また、運用形態の多様化に対応してクラウドサービスへの対応も進めています。富士通にはクラウド運用を支える信頼性の高いデータセンターがあり、数多くの開発スタッフがそれを支えています。信頼性を担保するための人材育成にも取り組みながら、健康長寿社会実現のため次世代のヘルスケアICTの開発を進めていきます。

VISION

個人の健康・医療情報の安全な蓄積、活用を可能にして新たな価値を生み出す

富士通は、AI やIoT などの最先端ICT 技術を活用してビジネスや社会を革新する“デジタルトランスフォーメーション(DX)”への事業領域の転換を進めています。病院情報システムの世界においても、少子高齢化に伴う医療費の増大、人材不足などの課題を前に、従来の延長ではない、DX による課題解決が求められています。医療技術の進歩で、個人に最適な医療を提供する“個別化”が求められるようになり、さらに、センサー技術やネットワークの進化で個人の健康情報などのパーソナルデータを多角的にかつ自由に扱えるようになってきました。診療情報を含めた個人の健康・医療情報(Personal Health Record:PHR)をどのように扱うのが最適な解なのかが問われています。

我々は、人生100年時代に向けたソリューションとして「FUJITSUヘルスケアソリューション Healthcare Personal service Platform」(以下、HPP) の提供を開始しています。HPP は、電子カルテのデータも含めたPHR を安全に蓄積し、様々な活用を可能にする基盤となります。

NEW TECHNOLOGY

胎児心臓超音波スクリーニング技術は、富士通のAI解析を用いた新たな診断支援技術

胎児の超音波診断において先天性心疾患のスクリーニングを支援する技術です。その基盤技術として、機械学習・深層学習を用いて胎児心臓超音波画像の解剖学的構造をリアルタイムに物体検知し、疾患によるその構造変化を検出し、正常構造との差分を異常度として測定する技術を中心に研究開発を進めています。

先天性心疾患の治療には、胎児期の早期診断によって出生前から治療計画を立てることが重要です。重症かつ複雑な先天性心疾患の見落としを防ぎ、また検査者間の技術格差や地域間の医療格差を埋めることで、周産期・新生児医療の発展に貢献すると考えられます。