03

研究開発

役割・ミッション

高度な技術を基に、これまで世の中にはなかった仕組みや製品、サービスの研究・開発を行います。 富士通だけではなく、お客様や大学・研究機関などと共同で研究・開発を行うこともあり、多様な関係者と議論・試行錯誤しながら最適な解を導き出し、 カタチにしていくことが求められます。

ポジション

  1. Position1

    研究

    基礎研究:長期的な視野で最先端の技術そのものを生み出す
    応用研究:先端の技術を活用して、新たなビジネスモデル・サービスを生み出す

  2. Position2

    プロダクト企画

    特定の分野の高度な専門性を持ち、マーケットや製品の深い知識をもとに、ビジネスプランの立案やプロダクトの企画、幅広い技術の活用のため他社とのアライアンス/パートナーシップの推進なども担当する

  3. Position3

    ソフトウェア開発

    ユーザーに近いアプリケーションからミドルウェア、ファームウェアなど、サービスそのものやハードウェアを動かす仕組みを開発する

  4. Position4

    ファームウェア開発

    ハードウェアよりのソフトウェア、ハードウェアを動かしていくための仕組みを開発する

  5. Position5

    アーキテクチャ開発

    プロダクトの構成(システム、ハードウェア、ソフトウェア等の組み合わせ)をデザインし、最適な設計概念を提供する

  6. Position6

    ハードウェア開発

    ソフトウェアの性能や機能を最大限活かすためのサーバやプロセッサなどの製品(プロダクト)を開発する

  7. Position7

    品質保証技術

    高品質なプロダクトを世に送り出すために、設計・製造の品質管理を担当する

  8. Position8

    製造・生産技術

    プロダクトに関する深い知識に基づき、新しい製造プロセスや開発手法の確立を担当する

  9. Position9

    施設技術

    富士通8事業所を中心に、電力、空調等のインフラに関する整備や調査、開発等を実施する

※職種に関する内容は富士通の働き方をわかりやすく理解していただくための情報であり、入社時配属の際の職種と必ずしも一致するものとはかぎりません。