こんなものがあったら。
あんなことができたら。
誰もが一度は考えたことのある、
夢や希望で溢れた未来。
今ある世界も、きっと昔の人が夢見て
創ってきた世界。
今、世界をつかさどっているのは紛れもなく
デジタルテクノロジーだ。
いつまでも創られた世界で生きていちゃ
つまらない。
変えていこう、これまでの常識を。
これからの世界を。

さあ、キミの力を試さないか。
富士通というステージで。

プログラム

AIやソフトウエア開発など、富士通のエンジニア領域で実際のコーディングを伴うハイレベルな開発課題に取り組むオンラインプログラムです。
各分野の一流エンジニアがメンターとして、みなさんを技術的側面からサポート。与えられたテーマ、取り組みに対するフィードバックはもちろん、それだけでなく、エンジニア社員との交流の中で今後のキャリア形成のきっかけを掴むような機会を提供いたします。
ご自身のスキルに自信のある方、自己成長したい方にむけたコンテンツをご用意しております。

コンテンツ オリエンテーション(テーマ説明)
・開発作業(各自作業とメンターとのミーティング)
・キャリア相談会
・オンライン懇親会
最終プレゼン、フィードバック
職場見学、社員座談会、技術講演会など…
未来社会創造サミット(クロージング)

参加者のみなさまにはより詳細なプログラムについてご案内させていただきます

募集対象者

  • ・自らの力でサービス・プロダクト開発に挑戦したい方!
  • ・エンジニアとしてのキャリア形成をご検討されている方!
  • ・キャリアの中で市場価値を高めたい方!
  • ・自己成長に向けた高い志を持った方!

開催日程

開催日程
  • ★2022年08月24日(水)オリエンテーション ※全日程共通

    【第1期】2022年08月25日(木)~08月31日(水)
    【第2期】2022年09月01日(木)~09月07日(水)
    【第3期】2022年09月08日(木)~09月14日(水)
    【第4期】2022年08月25日(木)~09月07日(水)
    【第5期】2022年09月01日(木)~09月14日(水)
    【第6期】2022年08月25日(木)~09月14日(水)

    ★2022年09月15日(木)・16日(金)クロージング ※全日程共通
応募資格 大学院、大学、高等専門学校の方(学年・学部は問いません)
すべての日程にご参加いただける方

応募の流れ

  • 01

    テーマ選択

    以下テーマ一覧より、自身の興味のあるテーマを確認

  • 02

    応募

    マイページから希望テーマを選択し、エントリー

  • 03

    選考
    (書類選考+面接)

    面接実施時期:
    2022年7月上旬~8月中旬

  • 04

    インターンシップ
    開始

昨年度Skill Challngeコースの参加者の声

参加者の満足度アンケート

Q参加したテーマ・部署のビジネスや業務内容についての理解度はどうでしたか。

非常に理解できた50.0%、理解できた50.0%

最初は不安を抱いていた学生もワークや実習を得て、全ての参加者が「非常に理解できた」または「理解できた」と回答をいただきました。インターンシップ期間中には、現場社員がメンターとしてサポートを行いますので、参加部門のミッションや仕事内容、レベル感等を体感いただくことが出来ました。

Qオンライン形式によるワークの実施についてはどうでしたか。

非常に満足21.7%、満足70.0%、どちらともいえない8.3%

オンライン形式でスキルを学ぶ点で不安を覚える学生も多いかと思いますが、90%を超える参加学生から「非常に満足した」または「満足した」と回答をいただきました。「どちらともいえない」と回答いただいた方からも「対面に機会をあつともっと会社を知れた」等の前向きな声をいただいており、参加後のフォローイベントも含めて、よりパワーアップしたコンテンツをお届けしていきます。

参加者からのコメント

  • メンターの方だけでなく、同じ部署の社員の方も進捗を見てくださったため、様々な視点からのアドバイスがいただけて、自分の提案に生かすことができました。
  • 昼食会や懇親会など、いろんな機会を設けていただき、オンラインインターンシップで期待していた以上に職場の雰囲気を知ることができました。
  • 初歩的な質問にも詳しく解答して頂いたり、毎日の日報を通して疲れていないかなどのケアをして頂くなど、手厚いサポートをしていただきました。
  • オンラインではありましたが、実際のものに近い開発業務を一通り体験することができました。また、テレワークでの働き方に関してイメージをつかむこともできました。
  • 初めはオフィスでの雰囲気を感じられないというマイナスなイメージでしたが、早々と全体の4分の3をテレワークに移行しただけあって、新しいオンラインでの働き方を実際に体感し理解を深められました。
  • メンター以外の部署の方に富士通のことや仕事への取り組みなど様々な質問をすること機会を設けていただき、部署の雰囲気を感じとることができました。

\富士通Japanインターンシップ情報/
日本の社会課題解決に向き合う!
ビジネス体験インターンシップ詳細はこちらをCHECK★