COLORFUL

働くを、自分らしく、楽しく

働くを、
自分らしく、楽しく

働くを、自分らしく、楽しく

富士通は、多様性を尊重した責任ある事業活動(レスポンシブルビジネス)に取り組み、誰もが自分らしく活躍できる企業文化を醸成することをビジョンとし、個人のアイデンティティ、特に、性別、年齢、SOGI、民族・人種、健康・障がいに関わらず、誰もが違いを認めあい、活躍できるようにすることを目指しています。

01

子育てとの両立

社内保育所制度

社内保育所の利用で、希望通りのタイミングで復職ができました!

A.Yamada2010年入社

知財グローバルヘッドオフィス
知的財産センター
コーポレート(知財)

認可保育園の場合、申し込みから選考結果が出るまで時間がかかり、“私と子供にとってちょうど良いタイミング”での復職は難しかったのですが、社内保育所であれば入園可否がすぐにわかり、4月を待たずに希望通りのタイミングで復職をすることができました。復職の際、すぐにフルタイムで働くことができたのは、通勤時間や保育園への送迎時間が短縮できていることが大きく、会社敷地内に保育園があることで、仕事にも子供にも向き合う時間を増やすことができています。小学生の長女は「ママの会社に入れてズルい」と嘆いています(笑)子供に親が働いている会社の存在を知ってもらえるのも社内保育所のメリットかもしれません。私は母であり、社会で価値を生むことのできる人でもありたいと考えており、その架け橋となってくれるこの制度は私の一押しです!家庭でも職場でもチームワークを大切にして、支えてもらうばかりではなく、チームのメンバーに貢献する気持ちをもって楽しく仕事をしてキャリアを積んでいきたいです。

その他の活用制度
フレックスタイム制度、テレワーク勤務制度

育児サポート休暇利用

家事育児のサポートが必要なタイミングで男性でも育児サポート休暇を利用できます!

S.Hisano2012年入社

グローバルマーケティング本部
CMOマネジメント部
マーケティング

2021年に待望の第一子となる女の子が生まれ、育児サポート休暇を利用しました。私の場合は妻が里帰り出産であったこと、また、コロナ禍での出産ということで、当日の立ち合いも難しかったため、退院の際、また、1か月検診を迎えるまでの間に何度か利用しました。里帰りから戻った後も子どもの定期健診や、家事育児のサポートが必要な際などにも取得しました。私のように初めての子どもで、かつお互いの両親が近くにおらず、すぐに助けを求めることが難しい状況では、助け合いながら家事育児を両立することが大切であると感じています。富士通の育児サポート休暇は、状況に合わせて柔軟に取得できる仕組みとなっているためとても使いやすいです。

その他の活用制度
Jobチャレ!!制度

02

キャリア形成

社外講師制度

富士通社員であり、NPO法人の代表としても活動!パラレルキャリアを実践しています!

A.Morishita2006年入社

デザインセンター
デザイナー

デザインセンターで日々仕事をしている中で、学生の創造力とリーダーシップを育むためのサポートができないかと感じ、NPO法人「ハナラボ」の代表を務めています。私は、自分のキャリアにオーナーシップを持ち、自らの手でキャリアを描いていくことの必要性を強く感じています。学生も社会人もみんなで成長していきたい、そんな想いを込めてこの活動を始めました。最初は仕事では出会えない人たちとの出会いが楽しかったのですが、だんだんと、富士通で得たものを「ハナラボ」へ、「ハナラボ」で得たものを富士通へという価値交換のサイクルができ、パラレルキャリアを実践することで企業と社会の価値交換が少しずつ実現できるようになってきました!これからもたくさんの人との出会いを大切に、ひとつひとつ活動をしていきたいと思っています。ワクワクと好奇心でみんなが好きなことができる社会へ!

その他の活用制度
フレックスタイム制度

ポスティング制度

自分のやりたいことが自分で探せるポスティング制度を利用して、新しい部署へ異動しました!

R.Kazama2001年入社

モバイルシステム事業本部
グローバルビジネス統括部事業戦略室
ビジネスプロデューサー(政策渉外担当)

入社してから約14年間、富士通で海外(東南アジア)キャリア事業者様向けに営業活動を行ってきました。その間に結婚、2度の出産を経験し、一時期は仕事をセーブすることも考えましたが、自分のキャリアアップを考え、上司と相談の上、海外(北米)営業の経験を積むことのできるグループ会社への出向という選択をしました。培ってきた営業知識を活用し、約6年間、グループ会社で新規顧客獲得や新体制構築などに携わってきました。そして、今ポスティング制度を活用し、次なるチャレンジをしています。きっかけは、子どもたちの成長を見て、私ももっと成長したいと考えたからです。ポスティング制度とは、社内の多数あるポジションに自分自身で手を挙げてチャレンジすることができる仕組みです。当時担当していた仕事を継続していきたい気持ちもありましたが、新しい挑戦をしたいという気持ちが大きくなり、ワクワクしながら職務経歴書を書きました。 本制度は結果がでるまでは、自分と希望先部署の間だけでやりとりが可能なので気兼ねなくチャレンジすることができます。逸る気持ちで面接に挑んだため自分でも驚くほどアピールしたことは今でもよく覚えていますが、その結果今の部署で働くことができており、自分の仕事に誇りをもっています。

Jobチャレ!!制度

期間限定で他部署に異動し、新しい業務にチャレンジしました!

K.Kojima2015年入社

官公庁事業本部
郵政事業部 第一ビジネス部
ビジネスプロデューサー

私は入社以来7年間ビジネスプロデューサー職として働いてきました。仕事をしていく中で、様々なフィールドで多様なバックグラウンドや経験を持つ社員との交流を通じて、いつしか自分のキャリアを考えたときに、これまでとは異なる新しい視点やスキルを身につけて、自分の可能性を広げていきたいと考えるようになりました。今回私が活用した「Jobチャレ!!」は、期間限定で他部署に異動し、社内インターンとして新しい業務にチャレンジできるプログラムとなります。期間限定だからこそ挑戦したいことや目標が明確になり、体験を通じて短期間で自分のキャリアプランについて考えるきっかけを与えてくれる魅力的な制度です。実際に自分にとって新しい仕事をしたからこそ備わる視点や得られる学び、そしてそこからもっと様々なチャレンジがしてみたいと思う動機づけとなるような経験となりました。自分のキャリアの可能性は一つではない、入社して一つの職種に拘らず、いろんな経験やチャレンジしてみたい方にオススメしたいと思います!

その他の活用制度
テレワーク勤務制度、フレックスタイム制度、男性育児休暇(取得予定)

03

らしさの体現

社内有志活動

バーでの日替わり店長の経験を活かし、社内で有志活動として「スナックまり」を立ち上げました!

M.Himizu2017年入社

未来社会&テクノロジー本部
ビジネスプロデューサー(戦略企画)

私は本業とは別に社内有志活動として「スナックまり」を企画運営しています。入社後ビジネスプロデューサーとして経験を積み、数年経過した頃「自分の強みは何だろう?」と悩んだ時期がありました。当時、友人に誘われて訪れた日替わり店長のバーでは、一人一人が自分らしさを発揮し、サービスを提供しており、その姿に共感した私は、自分にも何かできることはないか考えるようになりました。そんな時に参加した社内の部署横断型のワークショップの場で、「スナックをやってみたい」と想いを伝えると、協力してくれる仲間ができ、一緒に「スナックまり」を立ち上げました。社内で開催している「スナックまり」は、富士通グループ社員どなたでも参加できるオンラインスナックで、お酒を飲みながらお仕事のことからプライベートのことまでなんでも話せる“みんなの安全地帯”を目指しています。飲み会の場でよくある、その人本来の姿を垣間見る瞬間がとっても好きで、一人一人に向き合い、お話を聞くことのできる「スナック」はとっても私らしい活動だなと思っています。
このように私らしい活動に行き着くまでには、様々な体験や人との出会いがありました。その経験から、「スナックまり」の場を通じて、社員一人一人が安心して自己を解放でき、人と人とを緩やかに繋げる環境をつくることで自分らしく働く応援をしたいと思っています。そしてこの取り組みは、全社のカルチャー変革プロジェクト「フジトラ」を牽引する福田譲CIOからもコラボしようとお声がけいただき、役員とお酒を飲みながら本音で語るウェビナーイベントも開催しました。最大で約660名の方が参加して下さり、きっとこんなに繁盛したスナックはなかなかないと思います(笑)ご入社された際には一度「スナックまり」を訪れていただき、是非自分らしさを解放してください!

その他の活用制度
ポスティング制度

出向

これまでの経験を活かして、2020大会組織委員会のパラリンピック統括室へ出向しました!

A.Amaya2002年入社

Employee Success本部
企業スポーツ推進室
コーポレート(人事)

入社して10年間、法務・知的財産権本部で経験を積んだ後、部内ローテーションで法務省の調査研究機関に出向しました。
その後、帰任する2015年に、富士通が東京2020大会のゴールドパートナーとなり、社内に東京オリンピック・パラリンピック推進本部が発足され、法務・知財スタッフとしてご縁がありスタッフの一員になりました。約4年間は、共生社会の実現に向け、障がいの有無にかかわらず、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う「心のバリアフリー」の推進活動を、国・自治体・100社以上の企業と連携して行ってまいりました。この活動がご縁となり、2019年から東京2020大会組織委員会のパラリンピック統括室に出向して、大会が、すべての人々にとってアクセシブルでインクルーシブな大会となるよう様々な取組みを実施してきました。 入社してから20年間、富士通には常に寄り添い続けてくれてる企業風土があり、出向するなど「新たな挑戦」に対しても公正で平等な機会を与えてくれました。
また、すでに成人していますが3人の子どもが小さい頃は、小学校の夏休み期間に毎年短時間勤務制度などを活用し、子どもとの時間も確保しながら自分のキャリアを歩み続けることができました。

その他の活用制度
短時間勤務制度

04

FUJITSUスポーツ

アメリカンフットボール部
フロンティアーズ所属

神奈川県川崎市に拠点を置くアメリカンフットボール・Xリーグ1部所属のチーム「フロンティアーズ」。
2021年シーズンは、2年ぶり6度目の日本一を達成しました!

S.Cho2017年入社

Consumer Products&Service事業本部
運輸事業部
ビジネスプロデューサー

私と富士通スポーツの出会い

私が富士通スポーツと初めて出会ったのは2015年の社会人決勝戦を東京ドームで観戦した時です。惜しくも敗れてしまい準優勝という結果でしたが、選手個々のフィジカルやスキルに魅了されて、このチームでプレーしたいと思いました。

仕事とスポーツの両立について

日ごろアメフト部の活動以外は、所属している事業部の皆さんと同じように勤務しているため、時間を有効活用することを心掛けています。 早朝にトレーニングを実施、業務時間は仕事に集中することでメリハリをつけて 仕事も競技活動も常に上を目指しています。

富士通に入社して良かったと思うポイント

富士通スポーツは勝ちに行く事と同じくらい、皆さんへ価値を提供できるかを 常に考えて取り組んでおり、そこが魅力でもあると感じています。競技の普及や地域貢献活動、社員の皆さんへ元気を与えられるよう会社と一体となって取り組んでいます。

関連ページへの
リンク
アメリカンフットボール部フロンティアーズ
FUJITSUSPORTS

富士通チアリーダー部
フロンティアレッツ所属

『スポーツでこころとカラダを健やかに!』をテーマに、スポーツの応援のみならず、地域活動や社会貢献活動として、ホームタウンである川崎を中心に全国各地で活躍しています。

A.Takayama2019年入社

サステナビリティ推進本部
レスポンシブルビジネス統括部
コーポレート職(事業運営)

私と富士通スポーツの出会い

大学から始めたチアダンスの魅力を社会人になっても広めたいと思い、就職活動をしながら様々なチアチームのパフォーマンス動画を見ている中で、一糸乱れぬダンスに心を奪われ釘付けになったのが富士通チアリーダー部でした。

仕事とスポーツの両立について

仕事では1日の業務を計画立てて進め、部活では練習の目標を決めて、空いている時間を見つけて復習する等、業務と部活どちらも時間を有効的に使えるよう工夫しています。 部署の方や同期の支えもとても大きいです。

富士通に入社して良かったと思うポイント

会社員としては、コロナ禍でもコミュニケーションが取りやすく風通しの良い職場環境があることです。部活においては、富士通スポーツを社員の方々と一体となって応援できることや、感情を共有し合えることがこの上なく嬉しいです。

関連ページへの
リンク
富士通チアリーダー部フロンティアレッツ
FUJITSUSPORTS

男子バレー部
富士通カワサキレッドスピリッツ所属

神奈川県川崎市を本拠地とする富士通の男子バレーボールチーム「富士通カワサキレッドスピリッツ」。
2021-22シーズンはV.LEAGUE DIVISION2に所属。

D.Kado2018年入社

官公庁事業本部
官庁第三事業部
ビジネスプロデューサー

私と富士通スポーツの出会い

大学3年生の時、初めて富士通バレー部(富士通カワサキレッドスピリッツ)の試合を観に行きました。「明るく、楽しく、そして強く」がチームスローガンであり、大手企業の固い印象の一切ない、ユニークな会社(チーム)だと感じ、富士通でバレーがしたいと強く思うようになりました。

仕事とスポーツの両立について

「ビジネスプロデューサー」と「スポーツ選手」はどちらも会社の前線に立つ存在で、考え方や立場など近いものを感じています。両立することは大変なことも多くありますが、仕事とスポーツが互いに良い刺激となっており、この経験は間違いなく自分の強みになっています。

富士通に入社して良かったと思うポイント

スポーツ選手としては、バレーボールに高いレベルで打ち込める環境が整っていることです。会社員としては、これまで経験してこなかった新しい分野に挑戦できることや社会の貢献に繋がるような仕事ができることです。日々レベルアップしている充実感を感じています。

関連ページへの
リンク
男子バレー部富士通カワサキレッドスピリッツ

社員のリアルのぞき見コーナー