005

自ら積極的に
仕掛けられる
仕事環境

A.Komai

公共営業部・
TA統括営業部・
第一営業部

2016年入社

A.Komai

2016年入社

公共営業部・
TA統括営業部・
第一営業部

駒井様の前職、そして入社に至った経緯を教えてください。

前職は、電子部品を扱うメーカーで営業職として、ある程度裁量を持たせてもらいながら営業活動ができていました。やりがいを感じ充実していましたが、その一方で電子部品業界、ハードウエア業界、それを取り巻く市場に対しては閉塞感や不自由さも感じ、もっと自由にチャレンジできる環境で新たな可能性に挑みたいと考え富士通に入社を決めました。
現在は特殊法人など公営競技向けのシステムを担当するグループに所属して、次期システムの提案などを担当しています。

入社前と入社後で、富士通への印象は変わりましたか?

前職ではお客様から依頼されたものを作る受け身の考え方だったため、実際入社して自律的に動く積極的な人が多いことに驚きました。“自由にチャレンジできる環境”とイメージはしていましたが、自分で考え社内のさまざまな人と話をして事業を仕掛けていく動きは想像以上でした。疑問を抱えて待っているだけでは何も前に進みません。
私もまだ入社1年目ですが、同じ営業のメンバーだけではなくSEや知見のある方に協力を求めるなど、できるだけ能動的に動くスタイルが身についてきました。現在の部署では、担当先が農林水産省管轄の特殊法人であることから、法律など制約のある環境でお客様と一緒に取り組みながら、新しいビジネスを生み出せるよう提案しています。こうしたお客様とともに新しいビジネスを創り出していく「共創」というアプローチも新鮮で、とても共感しています。お客様起点で考え誠意をもって行動するという視点が浸透している中、私もこの舞台でさらに成長したいと思っています。

日々働く中で感じるやりがい、そして今後の目標や夢を教えてください。

富士通では高い専門性を持つ方が多く、社内サイトでもその情報を閲覧できるなど、さまざまなアイデアを実現できる環境が揃っています。日々新しい情報が入ってくるので、効果的に仕事に活かそうと自然と前向きになりますね。またES(エンプロイー・サティスファクション)向上における、さまざまな取り組みや活動が積極的に行われているのも大きな魅力です。たとえば、部の垣根を越えて仕事上の悩みや課題を共有する機会として部門主催の座談会が定期的に行われるなど、社員個々の力を伸ばす会社の充実サポートもやる気をアップさせてくれます。ロールモデルとなる女性幹部社員も多く在籍しているので、刺激を受けながら、今後はより高い専門性やスキルを身につけてキャリアアップし、将来的には女性社員の活躍を支援できるようになりたいと考えています。

富士通に転職を考えている人たちにエールを送ってください。

日本におけるキャリアモデルは変容していると実感しています。また多種多様なキャリア・生き方が求められ、キャリア開発も「会社からチャンスを与えられるもの」ではなくなっているように感じます。「自ら切り開いていく」気持ちが強ければ、富士通にはそれに応える高度なリソースもあり、実際に実現されている先輩方が数多くいらっしゃいます。ぜひチャレンジを続ける富士通に興味を持っていただければと思います。

記載された内容、お問い合わせ先などは掲載日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

キャリア採用に関する
応募・お問い合わせについて

※当社キャリア採用の応募につきましては、株式会社セールスフォース・ドットコム(SFDC)の外部サイトより受付けております。